E.S.Cheers!! - #Eurovision 2017-

ヨーロッパで開催される年に一度の音楽祭ユーロビジョン・ソング・コンテスト(ESC)の最新情報などをお届けします。

【朗報】アジア版ユーロビジョン ついに始動

〈その名もEurovision Asia Song Contest〉
EBU(欧州放送連合)はユーロビジョン公式ホームページEurovision.tvで、アジア太平洋地域版のソングコンテスト「Eurovision Asia Song Contest」の開催を発表しました。


この番組は、オーストラリアの公共放送局で、長年ユーロビジョンの放送を行っていたSBSの番組制作会社Blink TVが、EBUから番組フォーマットを導入して制作するもので、公式ホームページなどでは20の国と地域が参加を表明していると伝えています。

2016年3月
に第一報が伝えられたときには、早くて2017年の開催を目標に準備中であることが伝えられていましたが、いよいよ初開催に向けて具体的な動きが出てきました。


〈#EurovisionAsiaでつぶやこう!〉
2018年早期の開催に向けて動き始めたEurovision Asia Song Contestですが、公式ホームページEurovisionAsia.TVでは「支援」を呼びかけています。

現在EurovisionAsia.TVでは、TwitterやFacebookなどで「#EurovisionAsia」をつけて、好きなアジアのアーティストや楽曲、作曲家、作詞家、出場して欲しい国などをつぶやいて番組を盛り上げるキャンペーンを行っています。皆さんの出場して欲しいアーティストは誰ですか? ぜひ、ハッシュタグを付けてつぶやきてみましょう♪

なお、EurovisionAsia.TVではアジア各国を代表するアーティストやミュージックシーンについても取り上げています。私たち日本からは、ABU TV Song Festivalでの出場経験もあるきゃりーぱみゅぱみゅや、AKB48、乃木坂46、嵐、三代目J Soul Brothersなどが紹介されていますよ。日本を代表するアーティストは一体誰が選ばれるのでしょうか?

日本だけでなく、アジア圏で勢いを増しているK-POPでおなじみの韓国や、実力派シンガーを抱え、エンタメ業界が急成長し始めているインドネシアやタイ、フィリピン等の東南アジア諸国、香港や台湾などで広く活躍する中華圏アーティスト、ボリウッド人気と共に注目を集め始めているインドのポップス、カイリー・ミノーグやSiaなど世界的人気アーティストを多数排出しているオーストラリアなど、アジア太平洋地域のミュージックシーンは実に多様で勢いがあります。

その勢いが番組にも反映されるよう、皆で盛り上げていきましょう!


併せて、Eurovision Asia Song Contest公式SNSも各種立ち上がっています。
 ・Twitter
 ・Facebook
 ・Google+
 ・Instagram
 ・YouTube
こちらもぜひチェックしてみてください。


参考:ESC公式EurovisionAsia.TV

【速報】おめでとうSalvador!! ユーロビジョン2017優勝国はポルトガル

〈優勝はポルトガル〉
42カ国が参加したユーロビジョン2017キエフ大会の優勝者は、先程行われた投票の結果、「Amal Pelos Dois」を歌ったSalvador Sobralに決定しました。おめでとうございます!!

(Salvadol SobralAmal Pelos Dois」ウイニングステージより)

ポルトガルは1964年からユーロビジョンに49回出場していましたが、今回が初の優勝となりました。
この結果を受け、来年開催される予定のユーロビジョン2018はポルトガルで行われる予定です。


〈今年のトップ5〉
42カ国の審査員投票と視聴者投票の合計で順位が競われたユーロビジョン2017。上位5曲は以下のとおりです。

1位:ポルトガル(758票)
 Salvador Sobral Amar Pelos Dois

※母国語でのエントリーが優勝に輝いたのは2007年以来10年ぶりのこと

2位:ブルガリア(615票)
 Kristian Kostov 「Beautiful Mess

※昨年に続きトップ5に入ったブルガリア。大会終了後のインタビューで悔し涙を流していたのが印象的でした。

3位:モルドバ(374票)
 Sunstroke Project Hey Mamma

※Epic Sax Guyキレッキレなダンスは健在。会場も大いに盛り上がっていました。

4位:ベルギー(363票)
 Blanche City Lights

※街の明かり「City Lights」をイメージしたステージ演出が印象的。無機質な歌い方から感情がこもった歌い方まで、Blancheの表現力の幅広さが伺えるパフォーマンスとなりました

5位:スウェーデン(344票)
 Robin Bengtsson  I Can't Go On

※国内予選の段階から綿密に練られたステージパフォーマンス。「さすがスウェーデン」の一言につきます

5位以下はユーロビジョン公式サイトで公開されていますので、そちらをご参照ください。





今年のユーロビジョンは、ロシアとウクライナの政治的確執がクローズアップされ、大きな影を落とすこととなりましたが、「Amar Pelos Dois」という美しい楽曲が政治的力関係を抜きにして高く評価され、優勝したというのは賞賛されるべきなのではないでしょうか。
政治的混迷を極める今であっても、音楽が人々を一つにする力を持っているということを、今大会は証明してくれたと思っています。

来年は、もっと素晴らしい大会になって欲しいと願っています。

ユーロビジョン2017 決勝開催!

〈決勝の舞台はキエフ〉
ユーロビジョン2017の決勝がいよいよ今晩(日本時間:早朝)に迫りました。

決勝の舞台は、「ロシア・ウクライナ文化の中心」とも称されるウクライナの首都・キエフ

5/9、5/11の各準決勝を勝ち抜いた20カ国のアーティストに加え、Big5(イギリス、イタリア、スペイン、ドイツ、フランス)とホスト国ウクライナの総計26カ国のアーティストたちが、国際エキシビジョンセンターのステージで火花を散らします。

26カ国のアーティストの熱演が繰り広げられる今晩の決勝は、ヨーロッパ中央時間(夏時間)の5/13夜9時から、日本時間の5/14早朝4時から始まります。


〈ユーロビジョンの視聴方法〉
ヨーロッパのみならず、オーストラリアやアメリカ、中国などでも放送されるユーロビジョンですが、今年も日本での放送予定はありません…

ですが、日本ではYouTubeでライブ視聴することができます。

(こちらで日本時間5/14早朝4時から配信開始予定です)

YouTubeでのライブ配信は、お手持ちのスマートフォンでどこでも気軽に視聴できるほか、ChromeCastやYouTube対応テレビ・STBを使ってテレビ画面で楽しむこともできちゃいます。


しかし、心配なのはアクセス過多で配信が途中で途切れてしまうのではないかということですよね…

昨年まではユーロビジョン公式サイトでの生配信も行われていたのですが、今年からは公式サイトでの生配信は行われず、YouTubeの接続が不安定になったときの「転ばぬ先の杖」がなくなってしまいました…

そんな時に頼りになるのが、ユーロビジョンに参加している各放送局のライブ配信サービスです。下記のリンク先では、各放送局のライブ配信サービスのリンクがまとめられていますので、参考にしてみてください(一部ユーロビジョンの生配信が行われていない放送局もあるようですので、ご注意ください)

 ・各局ライブ・ストリーミング一覧(ESCfun@JPNさんより)

加えて。Melodifestivalenでおなじみ、スウェーデンの放送局SVTのオンデマンド配信サービス「SVT Play」でも、ユーロビジョンの生配信をスウェーデン語の解説付きで楽しむことができます。
SVT Playのアプリを使えば、YouTubeと同様スマホでも、ChromeCastでテレビ画面に映して楽しむこともできますので、ぜひお試しください。
ユーロビジョン2015優勝者Måns Zelmerlöwがコメンテーターとして出演しているのも、大きなポイントですよ♪

 ・SVT PlayiOSアプリ版 / Androidアプリ版

なお、リアルタイム配信が行われた後に各サイト・アプリでオンデマンド配信も行われますので、うっかり寝過ごして見逃してしまったという方、もう一度見直したいという方はぜひご覧ください。 


〈出場アーティスト〉
今回の決勝には26カ国が出場します。
全42カ国の審査員投票の結果に視聴者投票が加算され、順位が決定します。

今年は一体どの国が、どのアーティストが優勝するのでしょうか?
それでは、今晩開催される決勝のプログラムをご紹介します。
(アーティスト名クリック→当ブログ紹介記事、曲名クリック→「シーラさんの日本滞在記」での楽曲解説と和訳にリンクしています) 


1.イスラエル
 IMRI 「I Feel Alive
2.ポーランド
 Kasia Moś Flashlight
3.ベラルーシ
 Naviband 「Story of My Life
4.オーストリア
 Nathan Trent 「Running On Air
5.アルメニア
 Artsvik Fly With Me
6.オランダ
 OG3NE 「Lights and Shadows
7.モルドバ
 Sunstroke Project Hey Mamma
8.ハンガリー
 Joci Pápai 「Origo
9.イタリア
 Francesco Gabbani 「Occidentali's Karma
10.デンマーク
 Anja 「Where I Am
11.ポルトガル
 Salvador Sobral Amar Pelos Dois
12.アゼルバイジャン
 Dihaj 「Skeletons
13.クロアチア
 Jacques Houdek 「My Friend
14.オーストラリア
 Isaiah Don't Come Easy
15.ギリシャ
 Demy This is Love
16.スペイン
 Manel Navarro 「Do It For Your Lover
17.ノルウェー
 JOWST 「Grab The Moment
18.イギリス
 Lucie Jones 「Never Give Up On You
19.キプロス
 Hovig Gravity
20.ルーマニア
 Ilinca ft. Alex Florea 「Yodel It!
21.ドイツ
 Levina 「Perfect Life
22.ウクライナ
 O.Torvald 「Time
23.ベルギー
 Blanche City Lights
24.スウェーデン
 Robin Bengtsson  I Can't Go On
25.ブルガリア
 Kristian Kostov 「Beautiful Mess
26.フランス
 Alma 「Requiem


〈アプリでもっと楽しもう!〉
ユーロビジョンをよりお楽しみいただくために、手元のスマホやタブレットにユーロビジョン公式アプリを入れることをおすすめします。

iOS版Android版ウィンドウズフォン版Windows8.1以降のPC向けにそれぞれリリースされたこのアプリでは、生放送と連動して出演アーティストのプロフィールや歌詞を表示してくれるほか、ユーロビジョンの参加各国にお住まいの方なら、このアプリからも投票することができますなお、日本からの投票はできません

このアプリでユーロビジョンを視聴することはできませんが、自分にピッタリの楽曲をおすすめしてくれるマッチング機能や、気に入った楽曲やユーロビジョンのデジタルアルバムをダウンロードできる機能、セルフィー(自撮り)する時に楽しめるフレーム機能など、ユーロビジョンを盛り上げてくれるたくさんのエンタメ機能で楽しめるアプリとなっています。

PCやタブレット、テレビなどでユーロビジョンを見ながら、手元のスマホでこのアプリを立ち上げて、出演アーティストのプロフィールをチェックする、なんて楽しみ方もできます。ご視聴のお供にいかがでしょうか? 


〈#ハッシュタグで楽しもう!〉
今年のユーロビジョンは、短文投稿SNSのTwitterでも面白いイベントを行っています。
それは、特定のハッシュタグを付けてつぶやくと、期間限定の絵文字(Emoji)が出現するというもの。

「#eurovision」や「#ESC2017」でハートマークが、「#12Points」で光り輝くトロフィーが、「#Celebratediversity」で今大会のエンブレムがそれぞれ現れる仕掛けとなっていますので、Twitterアカウントをお持ちの方は、これらのハッシュタグを使ってつぶやいてみてください。



どのアーティストがヨーロッパナンバーワンソングの座に輝くのか!? 
今晩の決勝をお見逃しなく!
Spotifyプレイリスト
Twitter プロフィール
E.S.Cheersのツイッターアカウントです。 記事の紹介と併せて、ツイッター上で拾ったユーロビジョン最新情報のリツイート等もしています。 良かったらフォローお願いします♪
QRコード
QRコード
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
banner
  • ライブドアブログ