E.S.Cheers!! - #Eurovision 2017-

ヨーロッパで開催される年に一度の音楽祭ユーロビジョン・ソング・コンテスト(ESC)の最新情報などをお届けします。

2013年03月

【ESC2013】ルーマニア:オペラmeetsユーロビート! カウンターテナーの声が響き渡る一曲


ユーロビジョン2013ルーマニア代表は、Cezarの「It's My Life」に決まりました。
初めて聴いた時は衝撃的でしたが、みなさんはいかがですか?
カウンターテナーとユーロビート、意外と合うかも…


〈声域の限界に挑むCezar〉
Cezar(Florin Cezar Ouatu)は1980年生まれ、ルーマニアのプロイェシュティ出身のオペラ歌手です。
6歳の頃からピアノを学び始め、地元の芸術専門の高校Carmen Sylva Art Highschoolでピアノと合唱指揮を学び卒業。1998年にイタリアのカントやバロック音楽などを学び始めた時から、カウンターテナーの技術を磨き始めることとなります。

その後、イタリアのミラノ音楽院に進学し、2004年に卒業。Cezarはオペラ歌手としてのキャリアを積んでいきます。プロのオペラ歌手としては2007年、ヴェネツィアのフェニーチェ劇場でオペラ「エジプトの十字軍」の中でロードス島の騎士アルマンドを演じたのが初舞台だったとか。

国際的な音楽賞を数々受賞しているCezarは、2012年に初めてのポップスオペラシングル「Cinema Paradiso」をリリース。今回のユーロビジョンでは、このCezarのポップスオペラ歌手な一面を見ることができるんですね。

カウンターテナーが印象的なCezarのステージは、5/16の準決勝二日目のトリとなりますので、ぜひチェックしてみてください。

参考:ESC公式、Wikipedia「フロリン・チェザル・オワトゥ


〈ユーロビジョン2013 ライブパフォーマンス〉

(ユーロビジョン2013 決勝より)


〈ユーロビジョン ルーマニアの成績〉
1994年に初参加したルーマニア。1995~1997年の間は参加を辞退していましたが、1998年に復帰、今に至ります。

2004年に準決勝制が導入されてからは、ルーマニアは毎年決勝に進出しており、優勝こそは逃しているものの、2005年と2010年に最高順位3位を獲得するなど、かなりの強豪国といえる成績を残しています。

(2010年のルーマニア代表 Paula Seling & Ovi 「Playing With Fire」)

昨年のルーマニア代表マンディンガの「Zaleilah」は、ユーロビジョンの成績としては決勝12位というそこそこなものでしたが、世界的にスマッシュヒットを飛ばし、日本でも昨年、名古屋ZIP-FMのダンスミュージックチャートZIP DANCEHITS 20にランクインしていました。

(2012年ルーマニア代表 マンディンガ 「Zaleilah」)

今年のルーマニアはどんな成績を残してくれるのでしょうか?
5/16に注目です。

参考:Wikipedia「ルーマニアのユーロビジョン・ソング・コンテスト

【トピック】ユーロビジョンのプレイベント 4月から各地で開催

5月に行われるユーロビジョン本選に先駆け、ヨーロッパ各地で「Preview Party」と題されたコンサートが開催されます。大きなコンサートを3つ紹介します。

〈4/7開催 ギリシャoikotimes12周年記念 europarty2013〉
ギリシャのユーロビジョン情報サイトoikotimes.comのオンライン配信12周年記念を兼ねたイベントが、4/7にギリシャのアテネで開催されます。

出演アーティストは
 Alyona Lanskaya(ユーロビジョン2013 ベラルーシ代表)
 Farid Mammadov(ユーロビジョン2013 アゼルバイジャン代表)
 Alex Leon & Giorgina(ユーロビジョン2013 ギリシャ国内予選ファイナリスト)

現地時間4/7夜10:30から、アテネのthe Noiz Clubで開催される予定です。

関連サイト:europarty2013 公式Facebookページ(ギリシャ語)


〈4/13開催 Eurovision in Concert〉
オランダのアムステルダムでも、4/13にユーロビジョン inコンサートが開催されます。
こちらはプレス向けのイベントも兼ねているため、数多くのアーティストが参加する予定です。
4月に開催されるPreview Partyの中で最大規模のコンサートとなります。

主な出演アーティストは
 Elitsa & Stoyan(ユーロビジョン2013 ブルガリア代表)
 Marco Mengoni(ユーロビジョン2013 イタリア代表)
 Hannah(ユーロビジョン2013 スロベニア代表)
 Zlata Ognevich(ユーロビジョン2013 ウクライナ代表)
 …and more計22アーティスト

現地時間4/13、アムステルダムのMelkwegで開催される予定です。
チケットは現在公式サイトで発売中です。

関連サイト:Eurovision In Concert公式サイト(英語/オランダ語)


〈4/21開催 London Preview Party〉
イギリスのロンドンでも、4/21にLondon Preview Partyが開催されます。
こちらは、新旧様々なユーロビジョンアーティストが集まる予定です。

主な出演アーティストは
 Krista Siegfrids(ユーロビジョン2013 フィンランド代表)
 Natalia Kelly(ユーロビジョン2013 オーストリア代表)
 Valentina Monetta(ユーロビジョン2013 サンマリノ代表)
 John Allison(ユーロビジョン1961 イギリス代表)
 …and more

コンサートはロンドンのThe Shadow Loungeにて、現地時間4/21の夜7時開場、8:30開演予定です。
チケットは現在公式サイトで発売中です。

関連サイト:The London Eurovision Party 2013公式サイト(英語)

【トピック】YouTubeユーザー50人が選ぶユーロビジョン2013人気楽曲ランキング

〈YouTubeに上がるマイランキング動画〉
出場アーティストが出揃った3月。
この時期になるとYouTubeに多数の「Eurovision My Top xx」というマイランキング動画がアップされます。
例えばこんな感じ…

(最近はテロップにこだわったマイランキング動画も増えてます)

そこで、3月にYouTubeにアップされたユーロビジョン・マイランキング動画50本から、トップ10それぞれに本番さながらに得点をつけ、集計してみました。

なお、得点は10位からこのような感じにつけています。
 10位→1点
 9位→2点
 8位→3点
 …
 3位→8点
 2位→10点
 1位→12点

〈YouTubeユーザー50人が選ぶ人気楽曲発表!〉
それでは、当ブログ独自集計YouTubeマイランキング動画50本が選ぶユーロビジョン2013人気ランキングを発表しますっ


第10位 アイルランド (85ポイント)
 Ryan Doran 「Only Love Survives」


第9位 イギリス (90ポイント)
 ボニー・タイラー 「Believe in me」


第8位 ロシア (101ポイント)
 Dina Garipova 「what if」


第7位 イタリア (144ポイント 3人から12ポイント獲得)
 Marco Mengoni 「L'Essenziable


第6位 スウェーデン (163ポイント 5人から12ポイント獲得)
 Robin Stjernberg 「You」



ここからはトップ5の発表です。気になる1位は…?

第5位 ウクライナ (178ポイント 5人から12ポイント獲得)
 Zlata Ognevich 「Gravity」


第4位 サンマリノ (179ポイント 4人から12ポイント獲得)
 Valentina Monetta 「Crisalide(Vola)」


第3位 ノルウェー (199ポイント 3人から12ポイント獲得)
 Margaret Berger 「I Feed You My Love」


第2位 ドイツ (284ポイント 7人から12ポイント獲得)
 カスケーダ 「Glorious」



そして、1位はやっぱりこの曲でした!
第1位 デンマーク (345ポイント 10人から12ポイント獲得)
 Emmelie de Forest 「Only Teardrops」


ブックメーカーの間でも一番人気だったデンマークが、YouTubeマイランキング動画でも堂々の1位獲得となりました。3月前半はデンマークとドイツが接戦していたのですが、徐々にデンマークが差を広げ、今回の結果となりました。

ここで注目したいのがサンマリノです。毎年準決勝敗退が続くサンマリノですが、3月下旬になってサンマリノに12ポイントを送る人が相次ぎ、今回4位にランクインしました。5/16の準決勝では、高得点を狙うのが厳しい2番手の登場となりますが、本番でも高得点を得られるかどうか、注目です。

【ESC2013】クロアチア:6人組男性コーラスグループが奏でる情熱的なラブソング


ユーロビジョン2013クロアチア代表は、6人組の男性コーラスグループKlapa s moraの「Mižerja(Hard Times)」に決定しました。

冒頭の英詞をちょっと訳してみると…
僕には君を美しく魅せるようなお金はない 
 君を抱きしめ 暖めるこの腕があるだけさ

(Goldはあえて「お金」と意訳してみました^^;)
こういうことをさらっと言える男になりたいものですっ


〈クロアチアの伝統音楽 クラパ〉
Klapa s moraのメンバーは…
 ・Marko Škugor (第一テノール担当 1989年生まれ klapa Kampanel所属)
 ・Ante Galić (第二テノール担当 1987年生まれ klapa Sinj所属)
 ・Nikša Antica (第一バリトン担当 1976年生まれ klapa Kampanel所属)
 ・Leon Bataljaku (第二バリトン担当 1980年生まれ klapa Crikvenica所属)
 ・Ivica Vlaić (バス担当 1979年生まれ klapa Sebenico所属)
 ・Bojan Kavedžija (バス担当 1973年生まれ klapa Grdelin所属)
の6人組。ユーロビジョン2013のために、複数のクラパ合唱団から選抜され、結成されたユニットです。

クラパとは、クロアチア南部、アドリア海に面したダルマチア地方に伝わる伝統的なアカペラ合唱のことで、アドリア海沿岸の教会で歌われたことが始まりとされています。2012年に、クラパはユネスコの世界無形文化遺産に登録されました。

昨日、Klapa s moraがMižerjaの英語版「Hard Times」を発表。同時に素晴らしいミュージックビデオも公開されました。

クロアチアが誇るアドリア海の美しい景観に世界文化遺産ドゥブロヴニク、自然遺産プリトヴィツェ、そして無形文化遺産クラパの夢の饗宴!
クロアチアに行きたくなっちゃいますね~

Klapa s moraは、5/14に行われる準決勝一日目に登場します。

参考:ESC公式、Wikipedia「クラパ・ス・モーラ」、ESC Today”Croatia: English version of Mizerja- Hard Times released


〈ユーロビジョン2013 ライブパフォーマンス〉

(ユーロビジョン2013 準決勝より)


〈ユーロビジョン クロアチアの成績〉
クロアチアは旧ユーゴ時代からユーロビジョンに参加。ユーゴ時代は13回、クロアチアから代表歌手が出ていました。1989年にユーゴ代表として出場し、優勝したバンドRivaもクロアチア出身です。

(1989年 ユーゴスラビア代表Riva 「Rock me」)

1991年にユーゴから独立したクロアチアは、1993年にユーロビジョンに参加。今日まで辞退することなく毎年参加を続けています。

これまでに最高順位4位まで登りつめたことのあるクロアチアですが、2004年に準決勝制が導入されてからは、決勝進出の割合は五分五分といったところ。2010年以降は準決勝敗退が続いています。

世界無形文化遺産クラパの力で久々の決勝進出となるか!?
5/14は要注目です。

参考:Wikipedia「クロアチアのユーロビジョン・ソング・コンテスト

【トピック】ブックメーカーが予想するユーロビジョン2013優勝者は? ほか

〈ブックメーカーが選ぶ今年のユーロビジョン勝者は?〉
スポーツの勝敗やオリンピックの開催候補地などなど、様々なイベントを賭け事にするのが好きなヨーロッパの人達。ユーロビジョンも賭け事の対象になっていて、既に各アーティストにオッズもつけられているとか。

ブックメーカーのポータルサイトoddschecker.comユーロビジョン優勝者予想によると、現在の一番人気はやはりデンマーク。esc todayによると、この予想はここ10年のうち9回的中しているとのことですが、ユーロビジョンの勝敗は曲順に大きく左右されるため、必ずしもこの通りに行くとは限らないとしています。

oddschecker.comが選ぶユーロビジョン2013勝者トップ5は以下のとおりです
 1.デンマーク (5/14 準決勝一日目 5番目)
 2.ノルウェー (5/16 準決勝二日 13番目)
 3.オランダ (5/14 準決勝一日 8番目)
 4.ウクライナ (5/14 準決勝一日 7番目)
 5.スウェーデン (5/18 決勝 16番目)

テレビ番組という性質上、出番が早ければ早いほど不利な勝敗となってしまうユーロビジョン。この予想通りに勝者が決まるのか、注目です。

参考:ESC Today”Eurovision 2013: Denmark hot favourite to win according to bookmakers
   oddschecker.com"Eurovision Betting Odds"


〈ポストカード 制作進行中〉
ポストカードというのは、ユーロビジョンの曲と曲の間に挿入される、一分ちょっとの短いビデオクリップ。
例年は出場国を紹介するものが多かったのですが、今年は国ではなく、出演アーティストを紹介する内容になるそうです。

(こちらはユーロビジョン2009のポストカード)

現在、SVTスタッフらによって、スペイン代表ESDMやオーストリア代表Natalia Kerry、デンマーク代表Emmelie de Forestらの撮影が順調に進んでいるとのこと。ユーロビジョンの最新情報を伝える各サイトで紹介されています。
 ESC公式:Recording the Spanish postcard with ESDM
 ESC Today:Austria: Natália Kelly to introduce her hometown in the Austrian postcard
 Oikotimes:IMPRESSIVE POST CARD FOR DENMARK / PHOTO GALLERY

毎年ユニークな映像が楽しめるユーロビジョンのポストカード。昨年はアゼルバイジャンPR一色だったのがちょっと残念なところでしたが、今年はどんなふうに仕上がるのか、とても楽しみです。
Spotifyプレイリスト
Twitter プロフィール
E.S.Cheersのツイッターアカウントです。 記事の紹介と併せて、ツイッター上で拾ったユーロビジョン最新情報のリツイート等もしています。 良かったらフォローお願いします♪
QRコード
QRコード
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
banner
  • ライブドアブログ