E.S.Cheers!! - #Eurovision 2017-

ヨーロッパで開催される年に一度の音楽祭ユーロビジョン・ソング・コンテスト(ESC)の最新情報などをお届けします。

2016年05月

E.S.Cheers的 「決勝に進めなかったベストパフォーマンス」3選-2016-

〈16カ国が準決勝敗退〉
昨日、26カ国による素晴らしい競演が繰り広げられたユーロビジョン2016。
優勝候補と目されていたフランスやロシアを押しのけ、ウクライナが2度目の優勝を決め、幕を閉じました…

(ウクライナ代表Jamala優勝決定の瞬間 ユーロビジョン2016より)

しかし!
今年に限らないことではありますが、「なんでこの曲が決勝に進めなかったんだろう」と、準決勝の結果に納得がいかないまま決勝に突入したという方もいらっしゃるのではないでしょうか? 

今年は過去最多タイの42カ国が参加しましたが、参加する国の数が多くなればなるほど、惜しくも敗退してしまう国の数も多くなるものです。今年はなんと16カ国も落選の憂き目に遭ったのです…

そこで今回は、当ブログの独断と偏見で、落選してしまった16カ国の中から、もう一度見たいと思うベストパフォーマンス「落選ベストソング」を3つ選びました。 


[落選ベストソング1]Greta SalómeHear Them Calling
 
(ユーロビジョン2016 準決勝1日目より)

ユーロビジョン2012でも代表を務めたGreta Salómeがソロで披露したこの楽曲。
国内予選で披露されたパフォーマンスをベースに、最新の映像技術を駆使してブラッシュアップを図り、最後まで見応えのあるパフォーマンスを披露してくれました。最後の鳥達が一斉に向かってくるシーンは迫力があり、圧倒されました…

しかし、準決勝1日目でアイスランドは点数が伸びず(51点獲得)、14位についてしまったため、決勝に進むことはできませんでした。少し歌詞がくどく感じられるのがネックだったのかもしれません…


[落選ベストソング2]Dalal & Deen feat. Ana Rucner and JalaLjubav Je
 
(ユーロビジョン2016 準決勝1日目より)

2012年を最後に参加辞退が続いていたボスニア・ヘルツェゴビナ。4年ぶりに復活を果たした今回送り込んだのは、ボスニア国内外の第一線で活躍している4人のアーティストによるスペシャルユニットでした。

ステージ中央に有刺鉄線を張ったステージパフォーマンスは、かつて隣人同志で殺しあわなければならなかった内戦時代を想起させ、心揺さぶられるものがありました… 

準決勝1日目に出場したボスニアは104点を獲得したものの、順位は惜しくも11位。決勝まであと一歩、手が届かなかったという、実に惜しい結果となりました。


[落選ベストソング3]IVANHelp You Fly
 
(ユーロビジョン2016 準決勝2日目より)

開催前から「全裸ステージパフォーマンス」が噂されていたIVAN。今回のステージは、国内予選から大幅にブラッシュアップさせ、3Dホログラムを駆使したユニークなパフォーマンスが展開されました。

しかし、準決勝2日目での点数は84点と振るわず、12位となったため、惜しくも敗退してしまいました。
かなり凝ったステージパフォーマンスが一度きりで終わってしまったのは、なんとも惜しい気がします…


今年のユーロビジョンは参加国数が多かったため、どうしても落選する国が多く出てきてしまいます。落ちてしまったからといって、その楽曲やパフォーマンスが必ずしも優れていなかったとは言い切れないのです。

今回落選してしまった国やアーティストの皆さんには、また挑戦して、高みを目指して頑張って欲しいと思います。そして、素晴らしいパフォーマンスをありがとうございました。


参考:ESC公式 

Jamala アーティスト賞受賞

〈今年のMarcel Bezençon Awards 受賞者は!?〉
ユーロビジョンの審査員や報道陣などが今年の楽曲やアーティストの中で一番優れた楽曲やアーティストを選び賞するMarcel Bezençon Awardsが発表されました。

昨年Il VoloやMåns Zelmerlöwも受賞したMarcel Bezençon Awards。
今年は誰が受賞したのでしょうか?



 ・プレス賞:Sergey Lazarev 「You Are The Only One」
 ・作曲賞:David Musumeci & Anthony Egizi(オーストラリア代表楽曲「Sound Of Silence」作曲) 
 ・アーティスト賞:Jamala

ユーロビジョン2016で優勝したJamalaがMarcel Bezençon Awardsでもアーティスト賞を受賞しました。おめでとうございます!! 


参考:ESC公式

【速報】おめでとうJamala!! ユーロビジョン2016優勝国はウクライナ

〈優勝はウクライナ!〉
42カ国が参加したユーロビジョン2016ストックホルム大会の優勝者は、先程行われた投票の結果、「1944」を歌ったJamalaに決定しました。おめでとうございます!!

Jamala1944」 ユーロビジョン2016決勝より)

この結果を受け、来年はウクライナがユーロビジョン2017の開催国となる予定です。 

ユーロビジョン2016決勝の模様は、ユーロビジョン公式サイトの「Web TV」と、YouTubeで見ることができます。
各アーティストの熱いパフォーマンスと、結果の読めないドキドキハラハラな結果発表の模様をぜひご覧ください。
 


〈開票結果〉
今回から審査員投票と視聴者投票の合計で得点が争われる事となったユーロビジョン。
まずは審査員投票の結果上位10カ国をご覧ください。

1.オーストラリア(320票)
2.ウクライナ(211票)
3.フランス(148票)
4.マルタ(137票)
5.ロシア(130票)
5.ベルギー(130票)
7.イスラエル(124票)
8.スウェーデン(122票)
9.アルメニア(115票)
10.オランダ(114票)

審査員投票ではオーストラリアがぶっちぎりの1位となりました。

Dami ImSound Of Silence」 ユーロビジョン2016決勝より)

このままオーストラリアの独走を許すことになるのかと思われたのですが、視聴者投票でどんでん返しが待っていたのです。


〈累計順位〉
視聴者投票を合わせた順位は以下のとおりです。
上位10カ国をご覧ください。

1.ウクライナ(534票)
2.オーストラリア(511票)
3.ロシア(491票)
4.ブルガリア(307票)
5.スウェーデン(261票)
6.フランス(257票)
7.アルメニア(249票)
8.ポーランド(229票)
9.リトアニア(200票)
10.ベルギー(181票)

視聴者投票で1位となったのはロシアでした(361票)
 
Sergey LazarevYou Are The Only One」 ユーロビジョン2016決勝より)

しかし、審査員票が振るわなかったため、累計ではトップに届かず、審査員・視聴者票ともに2位のウクライナが優勝しました。 

ユーロビジョン2016 決勝開催

〈決勝の舞台はストックホルム〉
ユーロビジョン2016の決勝がいよいよ明日に迫りました。
 
決勝の舞台は、「北欧のヴェネツィア」とも称されるスウェーデンの首都ストックホルム。

5/10、5/12の各準決勝を勝ち抜いた20カ国のアーティストに加え、Big5(イギリス、イタリア、スペイン、ドイツ、フランス)とホスト国スウェーデンの総計26カ国のアーティストたちが、Globe Arenaのステージで火花を散らします。 

さらに! 今回のインターバルアクトにはジャスティン・ティンバーレイクが登場します。

Justin TimberlakeCAN'T STOP THE FEELING!」)

今晩の決勝で、ジャスティンは今月発表されたばかりの新曲「CAN'T STOP THE FEELING!」などを披露する予定です。 

26カ国のアーティストの熱演とともにジャスティンのステージも見逃せない今晩の決勝は、ヨーロッパ中央時間(夏時間)5/14夜9から、日本時間の5/15早朝4から始まります。


〈日本で見るには…?〉
ヨーロッパやオーストラリア(SBS)のみならず、今年は中国(芒果TV)とアメリカ(LogoTV)での生放送も行われるユーロビジョン。
…ですが、毎度残念なことに日本での放送予定はありません。
ですが、以下のリンク先でリアルタイム試聴ができます。

 ・Web TV(Eurovision.TV公式)
 ・YouTube(Eurovision Song Contest公式チャンネル)

Web TVでの視聴には専用のプラグインのインストールが必要なため、プラグインに対応したPCでの視聴に限られますが、YouTubeならお手元のスマートフォンでも楽しむことができますので、ぜひチェックしてみてください。YouTubeの方がより高画質な映像で楽しめるほか、ChromeCastを使ってテレビの画面で楽しむこともできちゃいます。

なお、リアルタイム配信が行われた後、各サイトでオンデマンド配信でも視聴できるので、うっかり寝過ごして見逃してしまったという方、もう一度見直したいという方はぜひご覧ください。 


〈出場アーティスト〉
今回の決勝には26カ国が出場します。
今回のユーロビジョンに参加する42カ国の審査員投票と視聴者投票の総計で順位が決定します。

今年は一体どの国が、どのアーティストが優勝するのでしょうか?
それでは、今晩開催される決勝のプログラムをご紹介します。
(アーティスト名クリック→当ブログ紹介記事、曲名クリック→ミュージックビデオにリンクしています) 


 1.ベルギー
  Laura Tesoro 「What's The Pressure
 2.チェコ
  Gabriela Gunčíková 「I Stand
 3.オランダ
  Douwe Bob 「Slow Down
 4.アゼルバイジャン
  Samra 「Miracle
 5.ハンガリー
  Freddie 「Pioneer
 6.イタリア
  Francesca Michielin 「No Degree Of Separation
 7.イスラエル
  Hovi Star 「Made Of Stars
 8.ブルガリア
  Poli Genova 「If Love Was A Crime
 9.スウェーデン
  Frans 「If I Were Sorry
 10.ドイツ
  Jamie-Lee 「Ghost
 11.フランス
  Amir 「J’ai cherché
 12.ポーランド
  Michał Szpak 「Color Of Your Life
 13.オーストラリア
  Dami Im 「Sound Of Silence
 14.キプロス
  Minus One 「Alter Ego
 15.セルビア
  Sanja Vučić 「Goodbye (Shelter)
 16.リトアニア
  Donny Montell 「I've been waiting for this night
 17.クロアチア
  Nina Kraljić 「Lighthouse
 18.ロシア
  Sergey Lazarev 「You are the only one
 19.スペイン
  Barei 「Say Yay!
 20.ラトビア
  Justs 「Heatbeat
 21.ウクライナ
  Jamala 「1944
 22.マルタ
  Ira Losco 「Walk On Water
 23.ジョージア
  Nika Kocharov and Young Georgian Lolitaz 「Midnight Gold
 24.オーストリア
  ZOË 「Loin d'ici
 25.イギリス
  Joe & Jake 「You're Not Alone
 26.アルメニア
  Iveta Mukuchyan 「Love Wave


〈結果発表がリニューアル〉
各アーティストのパフォーマンスが終わり、投票が済んだ後は、毎年恒例の結果発表に移るわけですが、今回からその結果発表が大幅にリニューアルされます。


まず、これまで通り参加42カ国の投票結果がそれぞれ発表されますが、ここで発表されるのは審査員投票のみの結果となります。

審査員投票の結果が発表された後、全視聴者の投票結果を、低い点数から順に発表していきます。この点数が審査員投票結果の点数に加算され、ナンバーワンソングが決定されます。

この2弾構えの結果発表は、スウェーデンの国内予選Melodifestivalenで採用されているもので、視聴者投票の結果次第では大幅な点差がついたり、はたまた大逆転したりと、これまで以上にかなりドキドキ・ハラハラするものとなっています。

今年の審査員投票結果を読み上げるプレゼンターの皆さんも、準決勝1日目のミニコーナー「ユーロビジョン・タクシー」にも登場したVerka Serduchka(ユーロビジョン2007ウクライナ代表)や、Sebalter(2014スイス代表)、Trintje Oosterhuis(2015オランダ代表)など、近年のユーロビジョンスターが出てくる予定となっていますので、こちらも見逃せません(全プレゼンターの紹介はこちらから)


〈アプリでもっと楽しもう!〉
ユーロビジョンをよりお楽しみいただくために、手元のスマホやタブレットにユーロビジョン公式アプリを入れることをおすすめします。

iOS版Android版ウィンドウズフォン版Windows8.1以降のPC向けにそれぞれリリースされたこのアプリでは、生放送と連動して出演アーティストのプロフィールや歌詞を表示してくれるほか、ユーロビジョンの参加各国にお住まいの方なら、このアプリからも投票することができますなお、日本からの投票はできません

このアプリでユーロビジョンを視聴することはできませんが、自分にピッタリの楽曲をおすすめしてくれるマッチング機能や、気に入った楽曲やユーロビジョンのデジタルアルバムをダウンロードできる機能、セルフィー(自撮り)する時に楽しめるフレーム機能など、ユーロビジョンを盛り上げてくれるたくさんのエンタメ機能で楽しめるアプリとなっています。

PCやタブレット、テレビなどでユーロビジョンを見ながら、手元のスマホでこのアプリを立ち上げて、出演アーティストのプロフィールをチェックする、なんて楽しみ方もできます。ご視聴のお供にいかがでしょうか? 


どのアーティストがヨーロッパナンバーワンソングの座に輝くのか!? 
今晩の決勝をお見逃しなく!


参考:ESC公式 

【速報】準決勝2日目 決勝進出者決定

さきほど、ユーロビジョン2016ストックホルム大会の準決勝2日目が終了しました。
どのアーティストも圧巻のステージでしたね。

今回18カ国が参加した準決勝2日目。
決勝進出を決めたのはこちらの方々です。

1.ラトビア
 Justs 「Heatbeat

2.ジョージア
 Nika Kocharov and Young Georgian Lolitaz 「Midnight Gold

3.ブルガリア
 Poli Genova 「If Love Was A Crime

4.オーストラリア
 Dami Im 「Sound Of Silence

5.ウクライナ
 Jamala 「1944

6.セルビア
 Sanja Vučić 「Goodbye (Shelter)

7.ポーランド
 Michał Szpak 「Color Of Your Life

8.イスラエル
 Hovi Star 「Made Of Stars

9.リトアニア
 Donny Montell 「I've been waiting for this night

10.ベルギー
 Laura Tesoro 「What's The Pressure


(発表順)

今回見逃してしまったという方は、ユーロビジョン公式サイトの「Web TV」とYouTubeでのオンデマンド配信でお楽しみください。 
 
Spotifyプレイリスト
Twitter プロフィール
E.S.Cheersのツイッターアカウントです。 記事の紹介と併せて、ツイッター上で拾ったユーロビジョン最新情報のリツイート等もしています。 良かったらフォローお願いします♪
QRコード
QRコード
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
banner
  • ライブドアブログ