ユーロビジョン2014ノルウェー代表はCarl Espenの「Silent Storm」に決まりました。

国内予選をチェックしていた時、見た目と歌のギャップがとても印象的だったことを覚えています。
ワイルドな見た目からは想像もつかない繊細な声の持ち主、それがCarl Espenなんですね。


〈Carl Espenのプロフィール〉
carlespensquareCarl Espen(本名:Carl Espen Thorbjørnsen)は1982年に、ノルウェーでのベルゲン近郊に浮かぶのどかな島Osterøyで三人兄弟の長男として生まれました。 

音楽を愛してやまない一家に生まれた彼は、ノルウェーの大自然を満喫しながら音楽に満たされる生活を送っていましたが、他のユーロビジョン出演アーティストとはちょっと異なり、彼はストレートに歌手になったわけではありませんでした。地方の音楽祭に出場し、優勝した経験もあるにも関わらず、彼はそのまま歌手の道へは目指す事はせず、大工としての道を進んでいったのです。

そんな彼を音楽の道へ導いたのは、4歳年下のいとこのJosefinでした。

Josefinは12歳の頃、彼が地方の音楽祭で歌声を披露した時にいたく感動し、「もっと多くの人に彼の歌声を聞いて欲しい」という思いを抱き続けていたそうです。
やがて作曲家として活動していく事となったJosefinは、2013年にCarlのために曲を書きあげます。 それが今回の楽曲「Silent Storm」でした。

大工として働くかたわら、ライブハウスのドアマンのバイトを行っていた彼ははやり音楽への道を捨てきれていなかったようで、いとこの書き上げたこの曲を聞いた彼は国内予選に出る決意をするのです。

国内予選に出場した彼は準決勝を突破し決勝へ進出、最終投票に残った結果、見事ノルウェー代表の座を勝ち取ることとなりました。

ノルウェー代表Carl Espenは、5/8の準決勝2日目に出場します。
ワイルドな見た目からは想像もできないくらいに繊細な歌声に、ぜひ耳を傾けてみてください。


〈ライブパフォーマンス〉

(ユーロビジョン2014 決勝より)


参考:ESC公式