ユーロビジョン2016クロアチア代表は、Nina Kraljićの「Lighthouse」に決まりました。

今年のユーロビジョンはいつになく英語詞でのエントリーが多く、この楽曲も全編英語詞で綴られた楽曲ではありますが、Ninaの持つ伸びやかで独特の節回しが印象的な歌声や、バルカンの民俗音楽をベースに作り上げられたサウンドで、個性的で耳に残る一曲に仕上がっています。 欲を言えば、クロアチア語で歌われたバージョンも聴いてみたいところです…


〈Nina Kraljićのプロフィール〉
Nina Kraljićは1992年に、クロアチア中部のシサク=モスラヴィナ郡にある街Lipovljaniで生まれました。

彼女は小さい頃から歌を歌い始めていたそうで、数々の音楽プロジェクトや、アニメ映画の吹き替えに参加する中でテクニックを磨いていったのだそうです。

Ninaの名が初めてクロアチア中に知られることとなったのは2009年のこと。
オーディション番組「Super Talent(クロアチア版Britain's Got Talent)」 へ出場し、綺麗な歌声が話題になったのです。
 
Nina KraljićI Dreamed A Dream」カバー Super Talentより)

同じ年、本家Britain's Got Talentでスーザン・ボイルが歌い、世界中で大きな話題となった「I Dreamed A Dream(夢破れて)」 を披露したNina。彼女もオーデションで見事合格となり、決勝ステージまで進むこととなったのですが、結果は10位。結果を残すことができませんでした。

それから6年経った2015年、NinaはHRTで昨年放送されたThe VOICE Croatiaの第一シーズンに出場。再びオーディション番組に挑戦することとなったのです。

それではここで、The VOICE恒例のブラインドオーディションの模様をご覧ください。
彼女は果たして何人の審査員を振り向かせることができたのでしょうか?
 
Nina KraljićBeneath Your Beautiful」Labrinthカバー The VOICE Croatiaより) 

ブラインドオーディションの結果、2人の審査員を振り向かせることに成功し、見事合格を飾った彼女は、その後も順調に勝ち進んでいきます。
 
Nina Kraljić and JacquesEuphoria」Loreenカバー The VOICE Croatiaより) 

ブラインドオーディションで一番初めに振り向いてくれた審査員Jacquesとこんな素晴らしいデュエットも披露した彼女は、この番組で見事優勝し、初代クロアチアナンバーワンボイスの座に輝いたのです。

優勝後、Ninaはユニバーサルミュージックと契約し、シングル「Zaljuljali Smo Svijet(動揺する世界)」でプロデビューを果たしました。
 
Nina KraljićZaljuljali Smo Svijet」) 


そして2016年、彼女はHRTの内部選考の結果、ユーロビジョン2016クロアチア代表として出場することが決まったのです。

2013年を最後に2年連続で出場辞退していたクロアチア。Ninaの歌声で決勝への切符を勝ち取ることができるのでしょうか?

ユーロビジョン2016クロアチア代表Nina Kraljićは、現地時間5/10に開かれる準決勝1日目に出場します。


参考:ESC公式、Wikipedia"Nina Kraljić"、HRT公式(クロアチア語)