ユーロビジョン2017オーストラリア代表は、Isaiahの「Don't Come Easy」に決まりました。

何事にも代えがたい、かけがえのない「愛」を力強く歌い上げるこのパワーバラードは、ユーロビジョン2016オーストラリア代表Dami Imの「Sound Of Silence」を手掛けた音楽チームDNA Songsによって制作された楽曲です。

昨年に続きバラードナンバーで挑むオーストラリア。今年のエントリーの約半数をバラードが占める今大会でどのように差別化を図るのか、一昨年の出場から好成績を残しているだけに、ステージパフォーマンスが大いに注目される一曲です。


〈Isaiahのプロフィール〉
Isaiah(本名:Isaiah Firebrace)は1999年11月に、オーストラリアのニューサウスウェールズ州南部にある街モアマに生まれました。

自身を含め11人きょうだいという大家族の中で生まれ育った彼は、スポーツが得意な少年として成長していったのだそうです。走ることが得意であったほか、スカイダイビング等でスリルを追い求める事も大好きなのだとか。

そんな彼が歌手としてデビューするきっかけとなったのが、昨年オーストラリアのテレビ局Seven Networkで放送されたオーストラリア版Xファクター最終シーズンへの出場でした。

IsaiahHello」Adeleカバー 豪州版Xファクター最終シーズンより)

実は2015年にもこの番組のオーディションに挑戦し、見事な歌声で賞賛を浴びていたものの、その後の成績は思うように伸びず、脱落していた彼。番組も最終シーズンとあって、後がない状況でオーディションに臨んだのです。

感極まったのか、パフォーマンスを最後までこなすことができなかった事に、審査員のGuy Sebastianから注意を受けていましたが、もう一人の審査員Adam Lambertがパフォーマンスを絶賛。見事オーディションを通過することとなったのです。

その後彼はブートキャンプなどのステージも無事クリアし、オーディションでパフォーマンスを絶賛したAdam Lambert指導のもと、決勝まで登りつめました。

Isaiah & Jessica MauboyWake Me Up」Aviciiカバー)

憧れの歌手であったJessica Mauboyとの共演も果たしたIsaiahは、前回出場で果たすことができなかった最終ステージまで登りつめ、優勝。最終回で見事、有終の美を飾ったのです。

IsaiahIt's Gotta Be You」)

2016年11月、Isaiahは最終ステージで披露した楽曲「It's Gotta Be You」でメジャーデビューを果たします。この楽曲は、オーストラリアのチャートにランクイン(最高26位)するのみならず、スウェーデン(最高15位)やデンマーク(最高21位)などヨーロッパ各国のチャートにもランクインし、国を超えたスマッシュヒットを飛ばしました。

12月には「It's Gotta Be You」をはじめ、Xファクターで披露したカバーナンバー等を収録したファーストアルバム「Isaiah」をリリース。こちらも、本国でのチャートイン(最高12位)のみならず、隣国ニュージーランドでも高順位(最高5位)にチャートインしました。


Guy SebastianやJessica Mauboyなど、ユーロビジョンでも活躍した先輩方に支えられてデビューした17歳のIsaiahは、現地時間5/9に開かれる準決勝一日目に出場します。


参考:ESC公式、the guardian"X Factor winner Isaiah Firebrace to represent Australia at 2017 Eurovision song contest"、The Sun"Who is Australia’s Eurovision Song Contest 2017 entry? Isaiah Firebrace to perform Don’t Come Easy – all you need to know"、Wikipedia"Isaiah Firebrace"、Isaiah公式サイト