ユーロビジョン2017ポルトガル代表は、Salvador Sobralの「Amar Pelos Dois(二人の愛)」に決まりました。

別れた恋人への忘れえぬ想いを歌ったこのバラードナンバー。Salvadorの語りかけるような優しい歌声と、それを包み込むようなピアノとストリングスのハーモニーが印象的で、ポルトガル語が分からなくても、切ない気持ちや、恋人に向けた優しい思いが伝わってきます。
古き良きシャンソンの香りもどこか漂っていて、シャンソン全盛期の頃のユーロビジョンにタイムスリップしたような気分も味わえるのではないかと思います。

この楽曲を手掛けたのは、彼の姉でシンガー・ソングライターのLuísa Sobralです。この楽曲について彼女は、「この曲を書いた時、彼(Salvador)の声が常に心のなかにあった」と語っており、自身が歌うものではなく、はじめからSalvadorに楽曲提供するために描き上げた曲であることを明かしています。


〈Salvador Sobralのプロフィール〉
Salvador Sobral(Salvador Vilar Braamcamp Sobral)は1989年にポルトガルの首都リスボンで生まれました。

リスボンの応用心理学研究所(Instituto Superior de Psicologia Aplicada)で心理学を学んでいた彼は、2009年、ポルトガル版アメアイIdolos第3シーズンに出場します。

(Idolos第3シーズン オーディションより)

オーディションでスティーヴィー・ワンダーの「Isn't She Lovely」を披露し、見事合格した彼は、その後のステージも順調に進んでいき、決勝ラウンドまで勝ち進んでいきました。

Salvador Sobral 「Sunday Morning」Maroon5カバー Idolos第3シーズンより)

決勝ラウンドに残った彼ですが、優勝の座を掴むことは出来ず、7位で終了してしまいます。
(ちなみに、姉もIdolos(第1シーズン)に出場していましたが、3位で終了しています。)

Idolosへの出場後、彼はメジャーデビューはせず、心理学の研究に進んでいくこととなったのですが、音楽への夢を捨てきれず、再び歌手としての夢を追うことになりました。

Salvadorは歌手を目指すべく、アメリカやスペインのバルセロナなど海外で音楽の勉強を行いながら、ジャズやボサノヴァなど様々なジャンルの音楽に触れ、音楽祭への出場や様々なアーティストとのセッションなどを通して実力をつけていきました。

Salvador Sobral and Leo AldreyAfter you've gone」Ella Fitzgeraldカバー)

Idolosの出場から7年後の2016年、Salvadorはポルトガルでファーストアルバム「Excuse Me」をリリースし、メジャーデビューを果たしました。

Salvador SobralExcuse Me」)

姉のLuísaのみならず、ベネズエラの作曲家Leonardo Aldreyからも楽曲提供を受けている他、ジャズやブラジル音楽など様々なジャンルにも挑んだこのアルバムは、ポルトガルのアルバムチャートで最高10位を獲得し、話題となりました。

そして2017年。彼はポルトガルで1年ぶりに開催されたユーロビジョン国内予選Festival da Cançãoに出場し、優勝。ユーロビジョン2017ポルトガル代表の座を獲得しました。


一部メディアで重病説が流れ、出場が危ぶまれているという噂も聞かれていた彼ですが、3/24に開催されたOGAEポルトガルのプレビューイベントで元気な姿を見せ、噂を一蹴。姉のギター伴奏によるライブパフォーマンスも披露しています。

Salvador Sobral Amar Pelos Dois」 OGAEポルトガル プレビューイベントより)


ユーロビジョン2017ポルトガル代表Salvador Sobralは、現地時間5/9に開かれる準決勝1日目に出場します。ポルトガル悲願の決勝進出に期待がかかっているライブパフォーマンスは必見です。


参考:ESC公式"About Salvador Sobral","Salvador Sobral has love enough for Portugal and Europe!"、Wiwibloggs"“AMAR PELOS DOIS” LYRICS — SALVADOR SOBRAL (PORTUGAL, EUROVISION 2017)","PORTUGAL’S SALVADOR SOBRAL: “EVERY PERSON WITH A TINY BIT OF SENSITIVITY WILL FEEL IT”"、Oikotimes"Portugal 2017: Salvador Sobral will not be seen until Kyiv but health is not the issue"、Wikipedia"Salvador Sobral"