ユーロビジョン2017ポーランド代表は、Kasia Mośの「Flashlight」に決まりました。

この曲は、世間の目を避けながら愛し合う二人を「影」や「ゴースト」といった比喩で表現し、二人の強く結ばれた絆を歌い上げたパワーバラードです。

Kasia自身も楽曲制作に加わっているため、自身の能力を最大限に引き出すことができる曲に仕上がっているのではないでしょうか。非常に聴きごたえある一曲です。


〈Kasia Mośのプロフィール〉
Kasia Mośは1987年3月に、ポーランド南部の都市ルダ・シロンスカで生まれました。

ヴィオラ奏者の母Joanny Mośと、指揮者やヴァイオリニストとして活動し、室内管弦楽団AUKSOを率いている父Marek Mośの間に生まれた彼女は早くから音楽への興味を示し、音楽学校でチェロとピアノを学びました。

15歳の頃にプロの歌手を目指すことを志した彼女は、音楽アカデミーの声楽クラスでジャズと現代音楽を学び、2009年に卒業します。卒業後は音楽祭の出演や、アメリカに渡りナイトクラブ等でライブ活動を行うなどして、実力を養っていきました。

(アメリカで活動中のKasia Moś)

2012年、Kasiaはポーランドのオーディション番組「Must Be the Music」の第3シーズンに出場し、3位という好成績を収めました。この年、彼女は「Must Be The Music」で競演していたバンドTax Freeとのコラボレーションでシングル「Uwierz(Believe)」をリリースします。

Tax Free & Kasia MośUwierz」)

この楽曲は、命に責任を持たずに物のように犬を買うことへ警鐘を鳴らす意味が込められており、人気音楽番組に出演している2組のアーティストのコラボレーションナンバーということもあり、話題になったそうです。

2015年、Kasiaはファーストアルバム「Inspiration」をリリースします。

Kasia MośAddiction」 アルバム「Inspiration」収録曲)

2016年、彼女はアルバム「Inspiration」に収録された楽曲「Addiction」でユーロビジョンのポーランド国内予選に挑みますが、6位に終わり、この年の代表の座は逃してしまいます。

そして2017年。Kasiaは新曲「Flashlight」で再び国内予選に挑みました。

Kasia MośFlashlight」 ユーロビジョン2017ポーランド国内予選より)

10組のアーティストが出場したこの予選で、Kasiaは視聴者投票で9ポイント、審査員から最高得点の10ポイントを獲得し優勝。ユーロビジョン代表の座を勝ち取ったのです。


ユーロビジョン2017ポーランド代表Kasia Mośは、現地時間5/9に開かれる準決勝1日目に出場します。
圧倒されるような歌唱力は必聴です!


参考:ESC公式、Wikipedia"Kasia Moś(ポーランド語)"、Th Sun"Who is Poland’s Eurovision Song Contest 2017 entry? Kasia Mos to perform Flashlight – all you need to know"、Wiwibloggs"POLAND: KASIA MOS WINS KRAJOWE ELIMINACJE 2017 WITH “FLASHLIGHT”"