ユーロビジョン2017イスラエル代表はIMRIの「I Feel Alive」に決まりました。

この楽曲は、イスラエルの若手作曲家Dolev RamとPenn Hazutの二人により作られた盛り上がり必至のパーティチューンです。

2015年から全編英語詞でのエントリーが続いているイスラエルですが、この楽曲も全編英語で綴られています。一方で、メロディの一節にオリエンタルな節回しを用いたり、ブリッジにシェーナイ(チャルメラ)のようなリード楽器のソロパートを用いたりすることで、流行りのEDMサウンドの中にイスラエルらしさを残した一曲に仕上がっています。


〈IMRIのプロフィール〉
IMRI(Imri Ziv / אימרי זיו)は1991年9月にイスラエルの首都テルアビブ近郊の都市ホド ハシャロンで生まれました。

小さい頃から歌うことが好きだったという彼は、2歳の頃にQueenの「We Are the Champions」を覚え、家族の前で披露していたのだそうです。

幼い頃から「ステージで沢山の人達の前に立って歌いたい」という夢を持ち、その夢をかなえるために11歳の頃から音楽や芸術の勉強を続け、従軍中も教育青少年隊ユニットの音楽バンドで練習を重ねてきたIMRIは、20歳の頃にイスラエル版The VOICEのオーディションに挑戦しました。

(イスラエル版The VOICE(2012年)のオーディションの模様)

4人いる審査員のうち2人を振り向かせることができた彼は、次のステージに駒を進めることとなったのですが、バトルステージであえなく敗退してしまいます。

2015年、IMRIはThe VOICEで叶えることができなかった夢を思わぬ形で実現することとなります。
ユーロビジョン2015イスラエル代表Nadav Guedjのステージに、バックボーカルとして出演することになったのです。

Nadav GuedjGolden Boy」 ユーロビジョン2015決勝より)

そしてその翌年のユーロビジョン2016でも、IMRIはHovi Starのバックボーカルを務め、2年連続でユーロビジョンのステージを経験しました。

Hovi StarMade Of Stars」 ユーロビジョン2016決勝より)

歌手活動の傍ら、声優としての活動を行っていたIMRIでしたが、2年連続でイスラエル代表歌手の背中を見て歌ってきた彼は、今度はメインボーカルとしてユーロビジョンのステージに立つことを決意し、ユーロビジョン代表歌手を選出するオーディション番組「The Next Star」第4シーズンに出場しました。

(The Next Star第4シーズンのオーディションの様子)

視聴者と審査員から70%以上の支持を受けなければLEDの壁が開かず敗退してしまうというオーディションステージで、彼は93%の支持を集め見事LEDの壁を突破。その後も順調にステージをクリアし、IMRIはNadav Guedj、Hovi Starに続くNext Starの座に輝き、ユーロビジョン2017イスラエル代表に決定。小さい頃からの夢を、やっと完璧な形で掴むこととなりました。


ユーロビジョン2017イスラエル代表IMRIは、現地時間5/11に開かれる準決勝2日目に出場します。

ちなみに、ウクライナ人とのクオーターでもある彼は、ユーロビジョンに向けてウクライナ語を少し勉強しようと思っているのだとか。ステージ出演時のコメントにウクライナ語が登場するのかにも注目したいところですね。


参考:ESC公式ESCKAZ、Wikipedia"Imri Ziv","Israel in the Eurovision Song Contest 2017"