ユーロビジョン2017ベルギー代表は、Blancheの「City Lights」に決まりました。

フラマン語圏(ベルギー北部)とワロン語圏(ベルギー南部)の各放送局が一年交代で代表を選出しているベルギーですが、今年はワロン語圏の放送局RTBFの内部選考で選ばれました。2015年に「ユーロビジョンらしくない」と言われていた楽曲「Rhythm Inside」で見事決勝進出を決めたRTBFらしい選曲センスが今年も光っています。

「儚く、気だるさを感じさせる彼女の声に惚れた」と語るシンガー・ソングライターのPierre Dumoulinによって書かれたこの楽曲は、元々ユーロビジョン向けに作られた楽曲ではなかったということもあり、「ユーロビジョンらしさ」よりBlancheの声を活かした楽曲に仕上がっています。


〈Blancheのプロフィール〉

BlancheThinking Out Loud」Ed Sheeranカバー)

Blanche(Ellie Delvaux)は1999年6月に、ベルギーの首都ブリュッセルで生まれました。

彼女は2016年にベルギー・ワロン語圏で放送されたベルギー版The Voice第5シーズンのオーディションに挑戦し、アーティストとしての道を歩み始めます。

BlancheDaydreamer」Adeleカバー The Voice Belgique第5シーズンより)

序盤、緊張のせいなのかテンポが若干乱れてしまいましたが、独特の歌声で審査員を魅了し、最後の最後で2組の審査員を振り向かせ、オーディションを突破します。その後、バトルラウンドも通過し決勝ラウンドまで進んだものの、第2週で敗れてしまいます。

しかし、この番組を視聴していたベルギーのシンガー・ソングライターで、バンドRoscoeのリーダーのPierre Dumoulinの耳に止まり、二人は出会うことになりました。

RoscoeEnemies」 2012年発表 ※この楽曲にはBlancheは出演していません)

二人が出会った翌日にPierreは「City Lights」のデモを完成させます。当初は4分程度のアンビエントな楽曲だったのだそうで、歌詞も現在の英語ではなく、架空言語で歌っていたのだそうです。

プロデューサーTim Branの手によりブラッシュアップが図られ、現在の形にまとまった「City Lights」は、RTBFの内部選考でユーロビジョン2017ベルギー代表楽曲として選ばれました。
当初からユーロビジョンを念頭に置かずに楽曲制作を行っていた二人は、他の大物アーティストが代表に選ばれるのではないかと思っていたらしく、この決定を大変驚いていたのだそうです。

3月初旬に発売された「City Lights」は、ワロン語圏のチャート(2017年4月現在最高17位)のみならず、フラマン語圏のチャートにも上位にランクイン(同最高12位)しました。ワロン語圏から選出されたユーロビジョンの楽曲が、開催前にフラマン語圏のチャート上位にランクインするのは初めてのことであるとWiwbloggsで伝えています。

3/22には、昨年ブリュッセル空港で起きた爆発テロ事件の犠牲者を追悼するコンサートに、フラマン語圏を中心に活動している歌手Stan Van Samangと共演しました。

Blanche and Stan Van SamangLittle Moon Rises」 22 mars ensembleより)

近年両言語圏で独立の気運が高まっているベルギーで、「City Lights」が双方のチャートにランクインし、追悼コンサートでフラマン語圏のアーティストとの共演を果たした彼女は、双方の橋渡し役も担えるのではないかと期待してしまいます。


両言語圏でスマッシュヒットを飛ばしている「City Lights」でデビューを飾る新人アーティストBlancheは、現地時間5/9に開かれる準決勝1日目に出場します。


参考:ESC公式、Wikipedia"Blanche (singer)"、Wiwibloggs"WATCH: BLANCHE PAYS TRIBUTE TO BRUSSELS TERROR VICTIMS WITH STAN VAN SAMANG"