〈Channel 1 ユーロビジョン2017の放送取りやめ〉
ユーロビジョンを主催するEBUは3/14に、ロシアがユーロビジョン2017の出場を辞退する事を発表しました。(過去記事:ロシア代表 ウクライナへの入国禁止参照)

EBUの声明によると、ウクライナ当局がロシア代表の選ばれた歌手Julia Samoylovaの入国禁止を決めたことを受け、EBUはロシアの放送局Channel 1に「衛星中継での出演」か「アーティストの変更」を提案したものの、いずれも受け入れられなかったとしています。その後、Channel 1はユーロビジョン2017の放送を行わないことを表明し、参加辞退が決定したということです。

一方EBUはウクライナ当局に対し、Juliaの入国禁止措置について「ユーロビジョン・ソング・コンテストの清廉さと非政治的性質、そしてすべての国を友好的なコンテストの舞台へ集結させるという(主催者の)使命を完全に損なってしまう」と強く非難したことも明らかにしていますが、噂で流れていた開催地変更については触れておらず、キエフでの開催を軸に双方と接触を図っていたことが伺えます。

なお、ロシアで2番目に大きなネットワークを持つテレビ局RTRも、今大会の放送を行わないと表明しているということで、ロシア国内でユーロビジョン2017を見ることも難しい状況となりました。



〈Julia Samoylovaのプロフィール〉
Julia Samoylova(Yuliya Olegovna Samoylova / Юлия Олеговна Самойлова)は1989年4月にソビエト連邦(現:ロシア連邦)コミ共和国中部の都市ウフタで生まれました。

生まれた時は元気な赤ちゃんそのものだったというJuliaでしたが、徐々に足の機能が失われ、幼少期の頃には既に車椅子生活を送ることになってしまいました。医師から脊髄性筋萎縮症(SMA)と診断された彼女は、「もってあと3年」と言われていたこともあったのだそうです。

脊髄性筋萎縮症は、運動神経細胞が蝕まれる遺伝性疾患の一種で、日本でも指定難病に分類されており、根本的な治療法が確立されていません。運動神経が蝕まれるため、歩行や立位が困難になるほか、呼吸困難や嚥下困難(上手く食事を飲み込めない状態)が起きやすく呼吸器疾患にかかりやすいとされています。(ちなみに、彼女は一部メディアに対し「ポリオワクチンの接種により患った」とコメントしているそうですが、ポリオワクチンとSMAとの因果関係は証明されていません)

そのような危機的状況から音楽の力で徐々に生きる力を付けてきたというJuliaは、ウフタのレストランで石油工場の労働者相手に歌を披露するようになり、2008年には「TerraNova」というバンドを結成し本格的な音楽活動を行うようになります。

2013年、彼女はロシア版Xファクター「Faktor A(Фактор А)」第3シーズンに出場します。

Julia SamoylovaMolitva」Marija Šerifovićカバー Faktor A第3シーズンより)

ユーロビジョン2007の優勝曲で、大きく伸びやかな声量を要する「Molitva」をJuliaはオーディションで完璧に歌いこなし、審査員や観客を魅了。彼女は見事合格し、決勝ステージまで駒を進めました。しかし、結果は準優勝。惜しくも優勝を逃してしまいました。

Julia SamoylovaStena(壁)」 Faktor A第3シーズン決勝より)

2014年、彼女はロシアのソチで開催された冬季パラリンピックの開会式でパフォーマンスを披露しました。

(ソチパラリンピック開会式より)

そして2017年。Juliaはロシアの放送局Channel 1の内部選考により、ユーロビジョン2017ロシア代表に選ばれました。

Julia SamoylovaFlame Is Burning」)

ベルリン在住のソングライターNetta NimrodiとArie Burshtein、そしてユーロビジョン2013ロシア代表Dina Garipovaの「What If」のプロデュースにも関わったLeonid Gutkinの3人によって作られたこの楽曲は、「暗い闇の中でも私達の炎は輝き、明るく燃え上がる」と、どんなにつらい状況においても夢と愛を道標にして生きていく事を歌い上げたバラードナンバーに仕上がっています。

Dina GaripovaWhat If」 ユーロビジョン2013決勝より Leonid Gutkinプロデュース楽曲)


しかし、2015年にウクライナ当局の許可を得ずにクリミア半島に入り公演を行ったことを理由に、Juliaは今年から3年間ウクライナへの入国を禁じられてしまい、ユーロビジョンへの出場が実質的に困難になってしまいました。ロシア側とウクライナ側、そしてEBUの3者は話し合いを重ねたものの、結局合意に至らず、今回の決定となってしまいました。

Juliaはウクライナ側で入国禁止が決まった際、「私は動揺していません」とコメント。今年出場できなくても、来年の出場に挑戦したいと意気込みを語っていました。今回の決定は非常に残念な物となってしまいましたが、どうか、Juliaの心に灯った炎が消えることなく、来年へ挑戦していただきたいと思います。


参考:EBU公式ESCKAZ、Wiwibloggs"RUSSIA’S YULIA SAMOILOVA BECOMES SECOND SINGER IN WHEELCHAIR TO COMPETE AT EUROVISION"、Wikipedia"Yuliya Samoylova (singer)"、難病情報センター"脊髄性筋萎縮症"