E.S.Cheers!! - #Eurovision 2017-

ヨーロッパで開催される年に一度の音楽祭ユーロビジョン・ソング・コンテスト(ESC)の最新情報などをお届けします。

出演アーティスト(準決(1))

【ESC2017】チェコ:若き実力派ジャズシンガー登場


ユーロビジョン2017チェコ代表はMartina Bártaの「My Turn」に決まりました。

長い間一緒に暮らしていた家族やパートナーが突然倒れてしまった時、「今度は私があなたを支える番(=My Turn)」と歌うこの曲は、音楽制作グループDWB MusicとソングライターのKyler Nikoにより制作されました。

DWB MusicはKylie Minogueやユーロビジョン2006ベルギー代表を務めたKate Ryanへ楽曲提供しているほか、東方神起や少女時代等のK-POPアーティストや、嵐や倖田來未、バニラビーンズ等のJ-POPアーティストにも楽曲提供しており、グローバルに活躍しています。

Kate RyanLovelife」 DWB Musicプロデュース作品)

Kyler Nikoも、クラブ向けのトラックを制作する一方で、EXOやSHINee、BTS(防弾少年団)等のK-POPアーティストの楽曲制作に関わっていて、若手ながらグローバルに活動しています。

Danny Lees Feat. Kyler NikoCrazy」 Kyler Nikoプロデュース楽曲)


〈Martina Bártaのプロフィール〉
Martina Bártaは1988年9月にチェコ共和国の首都プラハで生まれました。

幼い頃から父とジャズ音楽を聞いて育った彼女は、5歳の頃に音楽学校に入りフルートやピアノ、ヴァイオリン等の演奏を学んだそうです。1999年にプラハの中等学校(ギムナジウム)に入学した彼女は、そこでさらに歌や音楽を学んでいきますが、ここでホルンと出会い、演奏に磨きをかけていきました。幼い頃から様々な楽器に触れている彼女ですが、ホルンは今でも演奏し続けています。

卒業後はプラハ・カレル大学医学部に進学したMartinaですが、音楽への情熱は冷めることなく、歌のプライベートレッスンを受けたり、音楽学校に入り歌唱を本格的に学ぶ日々を送ったそうです。

2010年、彼女はミュージカル「ロビン・フッド」のオーディションに受かり、ミュージカル女優としてデビューを飾りますが、翌2011年には隣国ドイツに渡り、ベルリンでジャズボーカルを本格的に学んだ後、ジャズシンガーとして活動することとなりました。

Martina BártaIt had better be tonight」映画「ピンクパンサー」より)

Martinaは、ドイツのジャズバンド「4 To The Bar」や自身が手がけるプロジェクト「Scotch and Soda」でボーカルを務めたり、様々なジャズフェスティバルに出演し、パワフルで深みのある声にさらなる磨きをかけていきました。

Martina Barta & Felix Slovacek Swing BandBody and Soul」)


そして2017年。Martina Bártaはチェコのテレビ局Ceska Televizeの内部選考の結果、ユーロビジョン2017チェコ代表に選ばれました。

Martina BártaMy Turn」 London Eurovision Party2017より)


ユーロビジョン2017チェコ代表Martina Bártaは現地時間5/9に開かれる準決勝1日目に出場します。
ジャズ仕込みの深みある歌声は必聴です


参考:ESC公式ESCKAZ、Wiwibloggs"CZECH REPUBLIC: MARTINA BARTA RELEASES HER EUROVISION 2017 SONG “MY TURN”"、Wikipedia"Martina Bárta(チェコ語)"、Facebook DWB music紹介ページ

【ESC2017】アイスランド:父親もユーロビジョンシンガー! Svala登場


ユーロビジョン2017アイスランド代表は、Svalaの「Paper」に決まりました。

パーカッションの特徴的なリズムが印象に残るイントロからパワフルなサビへ展開するこのパワーバラードは、Svala自身が10代の頃から抱き続けている内面の葛藤と、それをいかに表出するのかをテーマにした一曲です。

「water」や「paper」、「blue」などわかり易い言葉を使っているものの、歌詞で描かれているのは人の内面世界なので、読み解くのになかなかの時間を要します… ユーロビジョンの歌詞和訳をされているブログ「シーラさんの日本滞在記」では、この歌詞を非常に丁寧に読み解いていらっしゃるので、ぜひご覧ください。


〈Svalaのプロフィール〉
Svala(Svala Björgvinsdóttir)は1977年2月にアイスランドの首都レイキャビクで生まれました。

彼女の父親は、ユーロビジョン1995に出場経験もあるアイスランドを代表する歌手Bo Halldorsson(Björgvin Helgi Halldórsson)で、Svalaも7歳の頃から父のレコーディングに参加するなど、父の影響を強く受けて育ちました。

Bo HalldorssonNúna(Now)」 ユーロビジョン1995より)

父とともに歌う日々を送る一方、Svalaは7歳の頃からバレエにも励み、身体的な表現力も養っていきました。

高校の頃から作曲を始めたり、クラブ音楽ユニットを結成したりと音楽活動に勤しむようになった彼女は、18歳の頃にイギリスのプロデューサーIan Morrowの下で本格的な楽曲制作を開始。1999年にアメリカのレーベルPriority Recordsと契約し、メジャーデビューを果たします。

SvalaThe Real Me」 デビューアルバム「The Real Me」収録曲)

2001年に発売されたアルバム「The Real Me」は米ビルボードチャートでTop30にランクインした他、ヨーロッパやアジア各国でもスマッシュヒットを飛ばしました。

ソロで活躍する一方、Slavaは2006年に現在の夫で、「Paper」の作曲にも関わっているトラックメイカーのEinar Egilssonとその弟Edvard Egilssonと共にハウスユニットSteed Lordを結成。楽曲のレコーディングのみならず、米サンフランシスコで開催されたゲイ・プライドのヘッドライナーとして、50000人の観客の前でパフォーマンスを披露するなど、アメリカやヨーロッパをツアーで回るなど精力的に音楽活動を展開していきました。

Steed Lord123 If You Want Me」)

音楽で活躍の幅を広げる一方、Svalaは北欧のファストファッションブランドH&Mの服飾デザインも手がけ、2007年に世界約100の国と地域に展開しているH&Mで販売されたのだそうです。

2008年に自動車事故で骨を折るなどの重症を負うというアクシデントに巻き込まれてしまったものの、事故からの回復後もツアーやアルバム収録に勤しんだSlavaは、歌手活動のほか、アイスランド版The VOICEのメンターとしても出演し、さらに活躍の幅を広げています。


そして2017年。彼女はソロシンガーとしてユーロビジョンの国内予選に出場し、優勝します。

SvalaÉg veit það(私は知っている / 「Paper」アイスランド語版)」 Söngvakeppnin 2017より)


ユーロビジョン2017アイスランド代表Svalaは、現地時間5/9に開かれる準決勝1日目に出場します。


参考:ESC公式、Wikipedia"Svala"、Wiwibloggs"“PAPER” LYRICS – SVALA (ICELAND, EUROVISION 2017)"、シーラさんの日本滞在記"Eurovision 2017 アイスランド代表Svala の Paper 和訳・歌詞解釈と考察"

【ESC2017】ギリシャ:ユーチューバーから人気歌手へ


ユーロビジョン2017ギリシャ代表はDemyの「This Is Love」に決まりました。

失恋から立ち上がり、次の一歩を踏みだす心情を歌うこの楽曲は、心情の変化に合わせてピアノバラード調からハイテンションなダンスミュージックへ展開する変化ある一曲となっています。

楽曲の制作には、Demyの姉妹のRomy Papadeaが作詞に関わっている他、ギリシャのヒットメイカーで国内外のユーロビジョンの楽曲を数多く手がけているDimitris Kontopoulosが作曲を手がけています。

Sakis RouvasThis Is Our Night」 ユーロビジョン2009決勝より Dimitris Kontopoulosプロデュース楽曲)


〈Demyのプロフィール〉
Demy(Dimitra Papadea / Δήμητρα Παπαδέα)は1991年8月にギリシャの首都アテネで生まれました。

弁護士の父と学校経営に携わる母の間に生まれたDemyは、5歳の頃からピアノを習い始め、進学後から合唱や音楽理論なども学び、早くから音楽の素養を身に着けていました。

しかし、父が弁護士ということもあってか、大学進学後は法律の勉強に勤しむ日々を送っていました(ちなみに、今回作詞を担当しているRomy Papadeaは、普段は父の法律事務所で弁護士として勤務しているそうです)。音楽と縁のない日々を送っている… かと思いきや、彼女は勉学の合間を縫ってYouTubeにカバーソングをアップロードしていたのです。

その動画を見たギリシャの音楽レーベルPanik RecordsはDemyをスカウト。2011年にギリシャのラッパーMidenistisのフィーチャリングアーティストとしてメジャーデビューすることとなりました。

MIDENISTIS feat. DEMYΜia Zografia」)

この楽曲はギリシャやキプロスのチャートで高順位を記録したほか、ギリシャの音楽チャンネルMAD TVの音楽祭MAD Video Music Awards2012で「最優秀ヒップホップ / アーバンミュージック賞」と「Duet Of The Year」を獲得し、高く評価されました。

スカウトされる前はテレビの前でMAD VMAを見る側だったという彼女は、「いつかこの大会に出たい」と夢見ていたそうですが、デビューから間もなくその夢を実現させたということは、彼女の実力も人気もかなり高いものであるという証拠なのではないでしょうか。

その後、Demyは立て続けにソロでシングルをリリースしますが、出したシングルが軒並みギリシャのチャートで最高1位を獲得。その勢いに乗って2012年にリリースされたファーストアルバム「#1」も題目通りの1位(国内チャート)を獲得しました。

DemyPoses Xiliades Kalokairia(How Many Thousand Summers)」 アルバム「#1」収録曲)

ユーチューバーから一気に国民的歌手に成長したDemyは、これまでに16枚のシングルと2枚のアルバムをリリースし、いずれも好調な売れ行きを見せ、2013年にはMTV EMAで「Best Greek Act」を受賞しました。
2016年には、ユーロビジョン2016ブルガリア代表Poli Genovaの楽曲「If Love Was A Crime」をギリシャ語でカバーした「Isovia Mazi」をリリースしたことも話題となりました。

DemyIsovia Mazi」Poli Genovaカバー)

歌手として人気を集めている一方で、Demyは2012年からミュージカルの舞台にも登場。「The Sound Of Music」や「Addams Family」、そしてユーロビジョンとも縁深いABBAの音楽をテーマにしたミュージカル「Mamma Mia」にも出演し、ミュージカルスターとしても活躍しています。

2017年、Demyはユーロビジョン2017ギリシャ代表として選ばれ、3つの候補曲から視聴者と海外審査員による投票の結果、「This Is Love」を歌うことが決まりました。

ユーロビジョン2017ギリシャ代表Demyは、現地時間5/9に開かれる準決勝1日目に出場します。


〈ユーロビジョンスターとDemy〉
歌手としてギリシャで人気のDemyは、ユーロビジョンスターとの共演も経験しています。
2013年のユーロビジョン国内予選Eurosong 2013では、インターバルアクトでロシアのDima Bilanと共演していました。少々緊張が伺える部分もありますが、Dimaに引けを取らない彼女の伸びやかな歌声が印象的なステージです。

Dima Bilan & DemyBelieve」 Eurosong2013より)

2016年には、カバーシングルの縁もあり、ユーロビジョン2016ブルガリア代表Poli Genovaとスペシャルコラボステージを披露しました。ギリシャ語と英語、そしてサビのブルガリア語のトリリンガルステージは必見です。

Demy & Poli GenovaIf Love Was A Crime」 Mad VMA 2016より)

昨年決勝で好成績を残したPoli Genovaや、ユーロビジョン2008の優勝者Dima Bilanと共演しているDemy。二人のレジェンドとの共演が、彼女のユーロビジョン出場の糧となっているに違いありません。本番のステージパフォーマンスも堂々とこなせることでしょう。


参考:ESC公式ESCKAZ、Wikipedia"Demy(Singer)"

【ESC2017】ベルギー:味のあるThe Voice Blanche


ユーロビジョン2017ベルギー代表は、Blancheの「City Lights」に決まりました。

フラマン語圏(ベルギー北部)とワロン語圏(ベルギー南部)の各放送局が一年交代で代表を選出しているベルギーですが、今年はワロン語圏の放送局RTBFの内部選考で選ばれました。2015年に「ユーロビジョンらしくない」と言われていた楽曲「Rhythm Inside」で見事決勝進出を決めたRTBFらしい選曲センスが今年も光っています。

「儚く、気だるさを感じさせる彼女の声に惚れた」と語るシンガー・ソングライターのPierre Dumoulinによって書かれたこの楽曲は、元々ユーロビジョン向けに作られた楽曲ではなかったということもあり、「ユーロビジョンらしさ」よりBlancheの声を活かした楽曲に仕上がっています。


〈Blancheのプロフィール〉

BlancheThinking Out Loud」Ed Sheeranカバー)

Blanche(Ellie Delvaux)は1999年6月に、ベルギーの首都ブリュッセルで生まれました。

彼女は2016年にベルギー・ワロン語圏で放送されたベルギー版The Voice第5シーズンのオーディションに挑戦し、アーティストとしての道を歩み始めます。

BlancheDaydreamer」Adeleカバー The Voice Belgique第5シーズンより)

序盤、緊張のせいなのかテンポが若干乱れてしまいましたが、独特の歌声で審査員を魅了し、最後の最後で2組の審査員を振り向かせ、オーディションを突破します。その後、バトルラウンドも通過し決勝ラウンドまで進んだものの、第2週で敗れてしまいます。

しかし、この番組を視聴していたベルギーのシンガー・ソングライターで、バンドRoscoeのリーダーのPierre Dumoulinの耳に止まり、二人は出会うことになりました。

RoscoeEnemies」 2012年発表 ※この楽曲にはBlancheは出演していません)

二人が出会った翌日にPierreは「City Lights」のデモを完成させます。当初は4分程度のアンビエントな楽曲だったのだそうで、歌詞も現在の英語ではなく、架空言語で歌っていたのだそうです。

プロデューサーTim Branの手によりブラッシュアップが図られ、現在の形にまとまった「City Lights」は、RTBFの内部選考でユーロビジョン2017ベルギー代表楽曲として選ばれました。
当初からユーロビジョンを念頭に置かずに楽曲制作を行っていた二人は、他の大物アーティストが代表に選ばれるのではないかと思っていたらしく、この決定を大変驚いていたのだそうです。

3月初旬に発売された「City Lights」は、ワロン語圏のチャート(2017年4月現在最高17位)のみならず、フラマン語圏のチャートにも上位にランクイン(同最高12位)しました。ワロン語圏から選出されたユーロビジョンの楽曲が、開催前にフラマン語圏のチャート上位にランクインするのは初めてのことであるとWiwbloggsで伝えています。

3/22には、昨年ブリュッセル空港で起きた爆発テロ事件の犠牲者を追悼するコンサートに、フラマン語圏を中心に活動している歌手Stan Van Samangと共演しました。

Blanche and Stan Van SamangLittle Moon Rises」 22 mars ensembleより)

近年両言語圏で独立の気運が高まっているベルギーで、「City Lights」が双方のチャートにランクインし、追悼コンサートでフラマン語圏のアーティストとの共演を果たした彼女は、双方の橋渡し役も担えるのではないかと期待してしまいます。


両言語圏でスマッシュヒットを飛ばしている「City Lights」でデビューを飾る新人アーティストBlancheは、現地時間5/9に開かれる準決勝1日目に出場します。


参考:ESC公式、Wikipedia"Blanche (singer)"、Wiwibloggs"WATCH: BLANCHE PAYS TRIBUTE TO BRUSSELS TERROR VICTIMS WITH STAN VAN SAMANG"

【ESC2017】ジョージア:念願のユーロビジョン出場へ


ユーロビジョン2017ジョージア代表は、Tamara Gachechiladzeの「Keep The Faith」に決まりました。

「その道を諦めろと誰に言われたの? 夢を盗まれることを許さないで」と、信念を貫いて生き抜くことを力強く歌い上げるこの楽曲は、TamaraとAnri Jokhadzeの二人で作り上げたパワーバラードです。

今回Tamaraと共作したAnri Jokhadzeは、ユーロビジョン2012ジョージア代表として出場していた方で、ユーロビジョン・ファンの中には「歌手の名前は忘れていたけど、曲はよく覚えている」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

Anri JokhadzeI'm A Joker」 ユーロビジョン2012準決勝2日目より)

ユーロビジョンでコミカルな楽曲を披露していた彼が、今回のようなシリアスな楽曲を手がけていたというのは個人的には意外で、彼の作風の幅広さに驚かされます。


〈Tamara Gachechiladzeのプロフィール〉
Tamara Gachechiladze(またはTako Gachechiladzeとも / თამარა გაჩეჩილაძე)は1983年3月にジョージアの首都トビリシで生まれました。

「とても小さかった時に、『私は歌えるんだ』と気付いたの」と語る彼女は、既に8歳の頃からステージに立って歌声を披露しており、9歳の頃には芸能事務所に所属して、国内外のテレビや音楽祭などで引っ張りだこな日々を送っていたそうです。

高等音楽学校で合唱指揮を学んだTamaraは、学校を卒業後も国際的なジャズフェスティバルや「Slavic Bazaar」等の音楽祭に出演し、ソロシンガーとしての実力を備えていく一方で、2008年からガールズユニット3Gに加入し、活動の幅を広げていきました。

2008年にユーロビジョンのジョージア国内予選に挑んだ彼女ですが、結果は振るわず、翌2009年にStephane & 3Gで国内予選に再挑戦します。

Stephane & 3GWe Don't Wanna Put In」)

「We Don't Wanna Put In」というディスコナンバーで国内予選を突破した彼女たちは、見事ユーロビジョン2009ジョージア代表の座を掴んだのですが、EBUや開催国のロシアから「タイトルと歌詞に政治的なメッセージが含まれている(Put In→プーチン露首相(当時)を想起させるなど)」という理由で歌詞の変更を求められてしまい、これに応じることができなかったために大会出場を断念することとなってしまいました。

ユーロビジョンへの出場は幻となってしまいましたが、その後も彼女はMTV Europeのコンサートへの出演を始め、ヨーロッパ各地を公演で回るなど、精力的な活動を続けてきました。

Tamara GachechiladzeLISTOPAD(листопад / 秋の葉)」)


そして2017年。彼女はソロで再びユーロビジョンの国内予選に挑みました。

Tamara GachechiladzeKeep The Faith」 ユーロビジョン2017ジョージア国内予選より)

決勝で国際審査員(98ポイント)と視聴者(24ポイント)からそれぞれ高い得票を得たTamaraは、総合得点で一位となり優勝。ジョージア代表の座を今度はソロで勝ち取ったのです。


ユーロビジョン2017ジョージア代表Tamara Gachechiladzeは、現地時間5/9に開かれる準決勝1日目に出場します。
2009年に果たせなかった夢を8年越しに叶えた彼女のパフォーマンスに注目です。


参考:ESC公式、Wikipedia"Tamara Gachechiladze","Stephane & 3G","Georgia in the Eurovision Song Contest 2017"、ESCKAZ
Spotifyプレイリスト
Twitter プロフィール
E.S.Cheersのツイッターアカウントです。 記事の紹介と併せて、ツイッター上で拾ったユーロビジョン最新情報のリツイート等もしています。 良かったらフォローお願いします♪
QRコード
QRコード
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
banner
  • ライブドアブログ