E.S.Cheers!! - #Eurovision 2017-

ヨーロッパで開催される年に一度の音楽祭ユーロビジョン・ソング・コンテスト(ESC)の最新情報などをお届けします。

2017

【ESC2017】いよいよ開幕! ユーロビジョン2017準決勝1日目

〈まもなく準決勝1日目開催!〉
ユーロビジョン2017キエフ大会準決勝1日目の開催が、いよいよ今晩(明朝)に迫りました。
ヨーロッパ中央時間(夏時間)では今晩5月9日夜9時から、日本時間では明日5月10日早朝4時から始まります。


今回も日本での放送予定はありませんが、以下のリンク先で視聴することができます。

 ・YouTube (Eurovision公式チャンネル)

YouTubeではお手元のスマートフォンで楽しむことができるほか、YouTube対応テレビやSTB、ChromeCastなどを使ってテレビの画面で楽しむこともできちゃいます。

なお、リアルタイム配信が行われた後オンデマンド配信でも視聴できるので、うっかり寝過ごして見逃してしまったという方、もう一度見直したいという方はぜひご覧ください。


〈今晩出演のアーティスト〉
今まさにこの記事を書き上げている時、審査員投票を兼ねたドレスリハーサルを行っている準決勝1日目のアーティスト達。

本番で行われる視聴者投票を含めた結果、上位10カ国に入るアーティスト達が決勝に進むこととなります。一方、上位に入ることのできなかった8カ国は、残念ながら決勝へ進むことはできません。

それでは、今晩開催される準決勝1日目のプログラムをご紹介します。
(アーティスト名クリック→当ブログ紹介記事、曲名クリック→「シーラさんの日本滞在記」での楽曲解説と和訳にリンクしています) 

 1.スウェーデン
  Robin Bengtsson I Can't Go On
 2.ジョージア
  Tamara Gachechiladze Keep The Faith
 3.オーストラリア
   Isaiah Don't Come Easy
 4.アルバニア
   Lindita World
 5.ベルギー
   Blanche  「City Lights
 6.モンテネグロ
  Slavko Kalezić  「Space
 7.フィンランド
   Norma John Blackbird
 8.アゼルバイジャン
   Dihaj  「Skeletons
 9.ポルトガル
   Salvador Sobral Amar Pelos Dois
 10.ギリシャ
  Demy This is Love
 11.ポーランド
  Kasia Moś Flashlight
 12.モルドバ
  Sunstroke Project Hey Mamma
 13.アイスランド
  Svala Paper
 14.チェコ
   Martina Bárta My Turn
 15.キプロス
   Hovig Gravity
 16.アルメニア
   Artsvik Fly With Me
 17.スロベニア
   Omar Naber On My Way
 18.ラトビア
   Triana Park Line


なお、今回のオープニングアクトはウクライナを代表するミュージシャンの一人で、ウクライナ版The Voiceでメンターも務めているMonatikが登場し、楽曲「Spinning」のパフォーマンスが披露される予定です。なお、昨年優勝したJamalaの「1944」はインターバルアクトで披露される予定とのことです。
さらに、今回の準決勝で投票に参加するスペイン、イギリス、イタリアの各代表アーティストのパフォーマンスも一部披露される予定です。


〈アプリでもっと楽しもう!〉
ユーロビジョンをよりお楽しみいただくために、手元のスマホやタブレットにユーロビジョン公式アプリを入れることをおすすめします。

iOS版Android版ウィンドウズフォン版Windows8.1以降のPC向けにそれぞれリリースされたこのアプリでは、生放送と連動して出演アーティストのプロフィールや歌詞を表示してくれるほか、ユーロビジョンの参加各国にお住まいの方なら、このアプリからも投票することができますなお、日本からの投票はできません

PCやタブレット、テレビなどでユーロビジョンを見ながら、手元のスマホでこのアプリを立ち上げて、出演アーティストのプロフィールをチェックする、なんて楽しみ方もできます。ご視聴のお供にいかがでしょうか? 



準決勝1日目に参加する18カ国のうち、5月13日(日本時間:5月14日)の決勝に進むことができるのは10カ国だけ。
昨年以上に狭き門となった今年はどの国が決勝に進めるのでしょうか?

【ESC2017】ロシア:出場辞退決定 消された「炎」

〈Channel 1 ユーロビジョン2017の放送取りやめ〉
ユーロビジョンを主催するEBUは3/14に、ロシアがユーロビジョン2017の出場を辞退する事を発表しました。(過去記事:ロシア代表 ウクライナへの入国禁止参照)

EBUの声明によると、ウクライナ当局がロシア代表の選ばれた歌手Julia Samoylovaの入国禁止を決めたことを受け、EBUはロシアの放送局Channel 1に「衛星中継での出演」か「アーティストの変更」を提案したものの、いずれも受け入れられなかったとしています。その後、Channel 1はユーロビジョン2017の放送を行わないことを表明し、参加辞退が決定したということです。

一方EBUはウクライナ当局に対し、Juliaの入国禁止措置について「ユーロビジョン・ソング・コンテストの清廉さと非政治的性質、そしてすべての国を友好的なコンテストの舞台へ集結させるという(主催者の)使命を完全に損なってしまう」と強く非難したことも明らかにしていますが、噂で流れていた開催地変更については触れておらず、キエフでの開催を軸に双方と接触を図っていたことが伺えます。

なお、ロシアで2番目に大きなネットワークを持つテレビ局RTRも、今大会の放送を行わないと表明しているということで、ロシア国内でユーロビジョン2017を見ることも難しい状況となりました。



〈Julia Samoylovaのプロフィール〉
Julia Samoylova(Yuliya Olegovna Samoylova / Юлия Олеговна Самойлова)は1989年4月にソビエト連邦(現:ロシア連邦)コミ共和国中部の都市ウフタで生まれました。

生まれた時は元気な赤ちゃんそのものだったというJuliaでしたが、徐々に足の機能が失われ、幼少期の頃には既に車椅子生活を送ることになってしまいました。医師から脊髄性筋萎縮症(SMA)と診断された彼女は、「もってあと3年」と言われていたこともあったのだそうです。

脊髄性筋萎縮症は、運動神経細胞が蝕まれる遺伝性疾患の一種で、日本でも指定難病に分類されており、根本的な治療法が確立されていません。運動神経が蝕まれるため、歩行や立位が困難になるほか、呼吸困難や嚥下困難(上手く食事を飲み込めない状態)が起きやすく呼吸器疾患にかかりやすいとされています。(ちなみに、彼女は一部メディアに対し「ポリオワクチンの接種により患った」とコメントしているそうですが、ポリオワクチンとSMAとの因果関係は証明されていません)

そのような危機的状況から音楽の力で徐々に生きる力を付けてきたというJuliaは、ウフタのレストランで石油工場の労働者相手に歌を披露するようになり、2008年には「TerraNova」というバンドを結成し本格的な音楽活動を行うようになります。

2013年、彼女はロシア版Xファクター「Faktor A(Фактор А)」第3シーズンに出場します。

Julia SamoylovaMolitva」Marija Šerifovićカバー Faktor A第3シーズンより)

ユーロビジョン2007の優勝曲で、大きく伸びやかな声量を要する「Molitva」をJuliaはオーディションで完璧に歌いこなし、審査員や観客を魅了。彼女は見事合格し、決勝ステージまで駒を進めました。しかし、結果は準優勝。惜しくも優勝を逃してしまいました。

Julia SamoylovaStena(壁)」 Faktor A第3シーズン決勝より)

2014年、彼女はロシアのソチで開催された冬季パラリンピックの開会式でパフォーマンスを披露しました。

(ソチパラリンピック開会式より)

そして2017年。Juliaはロシアの放送局Channel 1の内部選考により、ユーロビジョン2017ロシア代表に選ばれました。

Julia SamoylovaFlame Is Burning」)

ベルリン在住のソングライターNetta NimrodiとArie Burshtein、そしてユーロビジョン2013ロシア代表Dina Garipovaの「What If」のプロデュースにも関わったLeonid Gutkinの3人によって作られたこの楽曲は、「暗い闇の中でも私達の炎は輝き、明るく燃え上がる」と、どんなにつらい状況においても夢と愛を道標にして生きていく事を歌い上げたバラードナンバーに仕上がっています。

Dina GaripovaWhat If」 ユーロビジョン2013決勝より Leonid Gutkinプロデュース楽曲)


しかし、2015年にウクライナ当局の許可を得ずにクリミア半島に入り公演を行ったことを理由に、Juliaは今年から3年間ウクライナへの入国を禁じられてしまい、ユーロビジョンへの出場が実質的に困難になってしまいました。ロシア側とウクライナ側、そしてEBUの3者は話し合いを重ねたものの、結局合意に至らず、今回の決定となってしまいました。

Juliaはウクライナ側で入国禁止が決まった際、「私は動揺していません」とコメント。今年出場できなくても、来年の出場に挑戦したいと意気込みを語っていました。今回の決定は非常に残念な物となってしまいましたが、どうか、Juliaの心に灯った炎が消えることなく、来年へ挑戦していただきたいと思います。


参考:EBU公式ESCKAZ、Wiwibloggs"RUSSIA’S YULIA SAMOILOVA BECOMES SECOND SINGER IN WHEELCHAIR TO COMPETE AT EUROVISION"、Wikipedia"Yuliya Samoylova (singer)"、難病情報センター"脊髄性筋萎縮症"

準決勝プログラム順発表!

〈準決勝1日目・2日目出場順発表〉
EBUとユーロビジョン2017の放送を担当するウクライナの放送局UA:PBCは、現地時間5/9と5/11に開催されるユーロビジョン2017準決勝のプログラムを発表しました。出場順は前回と同様に、番組プロデューサーやユーロビジョンの代表団による話し合いにより決定されたものです。

それでは、プログラム順を見てみましょう。


〈準決勝1日目〉
 1.スウェーデン
 2.ジョージア
 3.オーストラリア
 4.アルバニア
 5.ベルギー
 6.モンテネグロ
 7.フォンランド
 8.アゼルバイジャン
 9.ポルトガル
 10.ギリシャ
 11.ポーランド
 12.モルドバ
 13.アイスランド
 14.チェコ
 15.キプロス
 16.アルメニア
 17.スロベニア
 18.ラトビア

トップバッターはまさかのスウェーデンです。準決勝1日目の頭からおおいに盛り上げてくれるに違いありません。
準決勝1日目には18カ国が出場しますが、この中から決勝に進めるのは10カ国のみです。熾烈な争いが予想されます。


〈準決勝2日目〉
 1.セルビア
 2.オーストリア
 3.ロシア
 4.マケドニア
 5.マルタ
 6.ルーマニア
 7.オランダ
 8.ハンガリー
 9.デンマーク
 10.アイルランド
 11.サンマリノ
 12.クロアチア
 13.ノルウェー
 14.スイス
 15.ベラルーシ
 16.ブルガリア
 17.リトアニア
 18.エストニア
 19.イスラエル

19カ国が出場する準決勝2日目。出場の可否が注目されているロシアは3番目の登場予定となっています。
準決勝1日目より1カ国多い中で決勝進出への闘いが行われる準決勝2日目。さらに厳しい戦いが予想されますが、ヨーデルとヒップホップが融合した楽曲を披露するルーマニアや、声色を巧みに使い分けたバラードを披露するクロアチアなど、聞き所満点のプログラムになっています。


いずれの準決勝も、決勝に進出できるのは10カ国のみ。
皆さんの推しの国やアーティスト達は無事決勝に進むことができるでしょうか?
お見逃しなくっ


参考:ESC公式

ロシア代表 ウクライナへの入国禁止

〈ウクライナ保安庁の声明〉
現地時間3/22、ウクライナ保安局(SSU)の報道官がFacebookで、ユーロビジョン2017ロシア代表Julia Samoylovaのウクライナへの入国を3年間禁止するという声明を発表しました。これは、Juliaが2015年に、ウクライナ当局の許可を得ずにクリミア半島で公演を行った事を受けての決定だということです。

このニュースはユーロビジョン系ニュースサイトのみならず、海外の主要メディアや日本でも報じられ、NHKニュースでは「かつて『兄弟国』と呼ばれた両国の対立が、国際的な文化行事にも暗い影を落としている」と伝えました。

ロシア系ニュースサイトのスプートニク日本語版では、「ウクライナは障害を持つロシア人女性歌手のユーロビジョン参加を許さない」とセンセーショナルなタイトルで報じ、ロシア上院国防安全保障委員会のフランツ・クリンツェヴィチ第1副委員長が、「ユーロビジョン指導部がJulia Samoylovaを支持しない場合はロシアは今後、コンクールへの参加を一切ボイコットする」と、EBUの今後の出方次第でユーロビジョンをボイコットする事を示唆するコメントを紹介しています。

なお、この第1副書記長は、ユーロビジョン2016でウクライナが優勝した際、「今年のユーロビジョンでは芸術性より政治が優先された」と不快感を示し、2017年の出場を見送る可能性にも言及していました。

この報道に関して、ロシアの一部メディアが「アルメニア代表歌手も入国を拒否される可能性がある」と報じていましたが、アルメニアの放送局は「正式な通達が届いていない」とコメントした他、ウクライナ当局も「ロシアによるFake newsだ」として、これを否定するコメントを出しています。


〈Juliaの気持ちは…〉
ウクライナ当局による決定が下る前の週、Juliaは隣国フィンランドで、リハビリを兼ねた治療を受け、ユーロビジョンへの出場に備えていました。しかし、3/22にウクライナ当局により入国不可の決定が下ったことにより、彼女はキエフのステージに立ってパフォーマンスを披露することが事実上できなくなってしまいました。

この件について、Juliaは「私は動揺していません」とコメント。事態が大きく変わることに期待を示していたほか、仮に今年出場できなくても、来年の出場に挑戦したいと意気込みを語っています。来年の出場に関しては、ロシアのテレビ局も同意しているそうです。


〈EBUの今後の動きは〉
ユーロビジョン・ソング・コンテストを主催するEBU(欧州放送連合)は、今回のウクライナ当局の決定について、開催国の法律は尊重するとしながらも、「(政治的利用は行わないとする)ユーロビジョンの精神に反しており、深く失望している」と声明を発表。ウクライナとロシアの各テレビ局を始めとする関係者に対し、事態を打開するための働きかけを行うとしていました。

3/24現在、具体的な案として持ち上がっているのは、Juliaのパフォーマンスを衛星中継で披露するというものです。現在、ロシアのユーロビジョン担当放送局Russia 1などと、衛星中継の可能性について話し合いを行っているとのことです。ちなみに、ユーロビジョンのパフォーマンスを衛星中継で行うという手法は、過去にも類を見ない方法で、今回仮に行われるとすれば、史上初の出来事となります。

話し合いは現在も行われているということですが、アーティストを第一に考慮した決定が下されることを願うばかりです。具体的な決定が下り次第、Juliaのプロフィール紹介と共に当ブログで取り上げる予定です。


第二次世界大戦後、人々の心の復興を願って開催されたのがユーロビジョンなのですから、ウクライナとロシアに限らずヨーロッパが一つになって盛り上がるこのステージ上に、争いを不要に持ち込むべきではありません!


参考:
NHK"ウクライナ 歌謡祭でロシア人歌手入国禁止"
EUROVOIX"RUSSIA: YULIA SAMOILOVA BANNED FROM ENTERING UKRAINE"
BBC NEWS"Eurovision 2017: Ukraine bars Russian singer Samoilova from contest"
スプートニク日本版"ウクライナは障害を持つロシア人女性歌手のユーロビジョン参加を許さない"
CNN日本語版"ロシア、ウクライナ人歌手の優勝に反発 ユーロビジョン"
Oikotimes"Armenian broadcaster receives no official writ from Ukraine"
Wiwibloggs"“SHE SHOULD NOT COME” — UKRAINE’S SECURITY SERVICES HAVE PREPARED THE PAPERWORK FOR JULIA SAMOYLOVA’S POTENTIAL BAN","“I AM NOT UPSET” — RUSSIA’S JULIA SAMOYLOVA SPEAKS ABOUT UKRAINE’S BAN AS NETWORK TEES HER UP FOR EUROVISION 2018"
ESC公式"Statement from the EBU regarding Russia's participation in the 2017 Eurovision Song Contest","EBU offers Russian singer opportunity to perform via satellite"
Spotifyプレイリスト
Twitter プロフィール
E.S.Cheersのツイッターアカウントです。 記事の紹介と併せて、ツイッター上で拾ったユーロビジョン最新情報のリツイート等もしています。 良かったらフォローお願いします♪
QRコード
QRコード
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
banner
  • ライブドアブログ