E.S.Cheers!! - #Eurovision 2017-

ヨーロッパで開催される年に一度の音楽祭ユーロビジョン・ソング・コンテスト(ESC)の最新情報などをお届けします。

出演アーティスト(準決(1))

【ESC2013】モルドバ:実は2年連続出場 モルドバのスター Aliona Moon


ユーロビジョン2013モルドバ代表はAliona Moonの「O Mie」に決まりました。
国内予選では英語詞の「A Million」で勝ち抜いたAliona。予選で自国語詞だったものを英語に直して出場する例はよく見られますが、予選で英語詞だったものが自国語詞になって出場するというのは珍しい例ではないでしょうか。モルドバ語(≒ルーマニア語)でのモルドバ代表のエントリーは、2009年以来のことです。


〈昨年はバックコーラスで 今年はメインステージへ〉
2013_AlionaAliona Moonは1989年生まれ、モルドバの首都キシナウ出身の23歳です。
母の子守歌やモルドバ伝統の音楽を聞いて育ってきたというAliona。子供の頃から歌とダンスを様々なグループに混ざって活動してきたそう。

そんなAlionaが国内で注目されるきっかけとなったのが、2010年に行われたテレビのオーディション番組「Fabrica de Staruri 2 (Star Factory)」への参加でした。Alionaは優勝を逃し、3位という成績でしたが、これをきっかけにモルドバで人気を得ることとなるのです。

昨年アゼルバイジャンで開かれたユーロビジョン2012。モルドバ代表Pasha Parfenyの「Lăutar」で、Alionaもバックコーラスで参加しました。

(2012モルドバ代表 Pasha ParfenyLăutar」)

実は、今年のモルドバ代表曲「O Mie」の作曲・プロデュースを手がけたのは昨年の代表だったPasha。昨年バックコーラスだったAlionaが今年はメインに、昨年メインだったPashaは今年はピアノ伴奏に、ポジションチェンジでの出場となります。

Aliona Moonは5/14の準決一日目に登場します。


〈ユーロビジョン2013 ライブパフォーマンス〉

(ユーロビジョン2013 決勝より)

〈ユーロビジョン モルドバの成績〉
モルドバは2005年にユーロビジョンに初参加します。この年の楽曲、Zdob şi Zdubの「Boonika Bate Toba(おばあちゃんがドラムを叩く)」が決勝で6位を獲得。これはモルドバの過去最高成績でもあります。

(2005年代表曲 Zdob şi Zdub 「Boonika Bate Toba」)

モルドバの決勝進出の勝敗は7勝1敗。2008年に準決勝敗退を一度経験しているのみで、2009年以降は毎年参加しています。

2010年の代表楽曲「Run Away」は、決勝での順位は22位と低かったものの、間奏などで登場するサックスプレーヤーに注目が集まっていました。

(2010年 Sun Stroke Project & Olia Tira 「Run Away」)

この楽曲に登場するサックスプレーヤーはEpic Sax Guyの愛称で人気を呼び、Facebookでコミュニティが立ち上がり、56000人が「いいね!」をクリックしているほか、iPhoneなどのスマホアプリも配信されていました。

記録より記憶に残るエントリーが多いモルドバ。
今年の準決勝は、最高得点を贈り合う仲のルーマニアとは別の組での出場となるため、ルーマニアの力無しでどこまで点を獲得できるのかに注目です。

参考:Wikipedia「モルドバのユーロビジョン・ソング・コンテスト

【ESC2013】エストニア:「新たな始まり」へ一歩を踏み出すBirgit Õigemeel


ユーロビジョン2013エストニア代表は、Birgit Õigemeelの「Et Uus Saaks Alguse(エストニア語で「新たな始まり」)」に決定しました。
新生活を迎える人が多い今の時期にピッタリのバラードナンバーです。


〈アイドルからミュージカルスターへ〉
2013_birgitBirgit Õigemeelは1988年生まれ、エストニアの小さな町コヒラ出身の24歳。家具職人の父と、歌の先生をしている母の間に、4人姉妹の3女として生まれました。

彼女がスターダムに上がるきっかけとなったのは、2007年にエストニアで放送されたエストニア版のアメアイ「Eesti otsib superstaari」の第一シーズンでの優勝です。翌年Birgitはファーストアルバムをリリースし、歌手としての活動を続けていきますが、同時にミュージカルスターへの道へも進んでいきます。

エストニア版のアメアイに出演した2007年には、シェイクスピアの喜劇「ヴェローナの二紳士」でシルヴィア役として出演。2010年には「サウンド・オブ・ミュージック」でマリア役を好演します。

マリアを演じていた2010年、BirgitはエストニアのFemale Artist of the Yearを受賞。歌手としても、役者としてもキャリアを積み重ねて行きました。

そして2013年。Birgitはユーロビジョンのエストニア国内予選で優勝し、見事エストニア代表の座を勝ち取ります。3度目の挑戦で勝ち取ったエストニア代表の座は、彼女だけの力で成し遂げたものではありませんでした。
エストニアの首都タリンにパートナーとともに新居を構えたBirgitは、実は現在妊娠中。音楽キャリアとしても、一人の女性としても、Birgitは「新たな始まり」へ一歩を踏み出そうとしています。

Birgitは、5/14の準決勝一日目に登場します。

参考:ESC公式、Wikipedia"Birgit Õigemeel"


〈ユーロビジョン2013 ライブパフォーマンス〉

(ユーロビジョン2013 決勝より)


〈ユーロビジョン エストニアの成績〉
エストニアは1994年に初参加しました。
初参加時にもらった点数はたったの2点だったエストニアですが、1996年に再び参加してからはメキメキと頭角を現します。

そして、2001年にエストニアはこの曲で優勝します。

Tanel Padar, Dave Benton & 2XLEverybody」)

エストニアはこの曲で198点を獲得し優勝、翌年2002年にエストニアの首都タリンでユーロビジョン2002を開催します。

2004年の準決勝制導入以降、エストニアの決勝進出の成績は3勝6敗。決して良い成績とはいえませんが、近年は2年連続で決勝進出しています。

3年連続で決勝へと駒を進められるのか?
5/14のエストニアに注目です。

参考:Wikipedia「エストニアのユーロビジョン・ソング・コンテスト

【ESC2013】リトアニア:インディーズシーンから登場 Andrius Pojavis


ユーロビジョン2013リトアニア代表は、Andrius Pojavisの「Something」に決まりました。
Andriusは5/14の準決勝一日目に登場する予定です。

〈インディーズバンドからソロデビューへ〉
2013_andriusAndrius Pojavisは1983年生まれ、リトアニアのユルバルカス出身の29歳です。高校の頃から「No Hero」というバンドで音楽活動を行なっていました。リトアニア教育大学に進学し、首都ビリニュスに移ってからも、「Hetero」というバンドで音楽活動を続けます。このバンドは、ビリニュスで2006年に開催されたEurorock 2006で優勝しました。

その後、彼はアイルランドへ移り、ソロ作品を作り始めます。

2012年、イタリア・ミラノの音楽スタジオMassiveArts Studioでファースト・アルバム「Astuoni (Eight)」を制作し、発表。その後発売されたシングル「Traukiniai (Trains)」はリトアニアのチャートトップ20位圏内に入る好成績を残しています。

今月2人目の娘が生まれたばかりという幸せいっぱいなAndrius。5/14の準決勝一日目に注目です。

参考:ESC公式、Wikipedia"Andrius Pojavis"、oikotimes"CONGRATULATIONS ANDRIUS POJAVIS!"(2013/4/3)


〈ユーロビジョン2013 ライブパフォーマンス〉

(ユーロビジョン2013 決勝より)


<ユーロビジョン リトアニアの成績>
リトアニアは1994年にユーロビジョンに初参加しますが、この大会では1点も得点を得ることができず、最下位となってしまいます。その後は1998年まで不参加が続き、1999年に復帰することとなります。

成績低調が続くリトアニア。準決勝制が導入された2004年以降も、準決勝敗退や、決勝での成績低調が目立っています。ちなみに決勝進出の勝敗は5勝4敗です。

これまでのリトアニアの成績で一番高い順位をつけたのが、2006年のこの曲です。

(2006年代表曲 LT UnitedWe Are The Winners」)

サッカーのチャントのようなメロディーに載せて「We Are The Winners of Eurovision」、「Vote For The Winners」と強気に歌う彼らに結構なブーイングも寄せられていましたが(汗)、結果は決勝で6位。Winnerとまでは行かなかったものの、順位・点数ともにリトアニアの過去最高成績を収めることができました。

ちなみに。昨年のユーロビジョン2012のリトアニア代表は、コーラスを付けずに一人で歌い上げていて、個人的にかなり気に入っています。

(2012代表曲 Donny MontellLove is Blind」)

アイマスクを付けて歌う前半のバラード、片手で側転を決めて歌い始める後半のグルーヴィーなパート。歌、楽曲、パフォーマンスどれを上げても素晴らしく、準決勝は3位で通過していたのですが、決勝では曲順がよろしくなかったのか、結果は14位。個人的には、ちょっと不本意でした…

バルト3国で唯一優勝経験のないリトアニア。まずは決勝進出を決められるのかが鍵となります。
5/14は要注目です。

参考:Wikipedia「リトアニアのユーロビジョン・ソング・コンテスト

【ESC2013】ベルギー:こちらも国内No.1ボイス! Roberto Bellaroza


このブログでロシア代表Dina Garipvaを「ロシアのNo.1ボイス」と紹介させて頂きましたが、今回はベルギーのNo.1ボイスを紹介します。

ユーロビジョン2013ベルギー代表に選ばれたのはRoberto Bellarosa。「Love Kills」という楽曲でユーロビジョンに出場するRobertoも、ロシア代表のDinaと同じくオーディション番組The VOICE出身アーティストです。

Robertoは1994年生まれ、ベルギーのWanze出身で、サッカー選手の家に生まれたイタリア系ベルギー人の若手シンガーです。

小さい頃はサッカーに夢中だったRobertoは、9歳の頃に音楽方面に進路を変更、ユイにある音楽アカデミーに進学して、ボイストレーニングなどの音楽の素養を身に着けていきます。

Robertoは2011年、ベルギーのワロン系放送局RTBFで放送がスタートしたThe VOICEベルギー版第一シーズンに出場し、優勝します。

ちなみに彼がブラインドオーディションの時に歌った曲はジェームス・モリソンの「You Give Me Something」。ブラインドオーディションで一人しか振り向いてくれなかったロシアのDinaに対し、Robertoは審査員4人全員が振り向いてくれたそうです(オーディション番組The VOICEについては前回の記事参照)

ベルギーNo.1ボイスRobertoの登場は5/14の準決勝一日目の15番目です。
順番的には決勝進出を決める上で有利な位置ですが、果たしてどうなるのか。彼の声とともに、注目です。

参考:ESC公式、Wikipedia”Saison 1 de The Voice Belgique



〈ユーロビジョン2013 ライブパフォーマンス〉

 

(ユーロビジョン2013 決勝より)



〈ユーロビジョン ベルギーの成績〉
ベルギーはユーロビジョンの放送が始まった1956年から参加を続けています。

1986年、ベルギーはこの曲で初優勝します。

サンドラ・キム 「J'aime la vie」)

サンドラ・キムのJ'aime la vieが176点を獲得し、優勝。ちなみに、当時サンドラ・キムは13歳で、ユーロビジョン史上最小年齢での優勝と言われています。その後、ユーロビジョンでは出場できる歌手の年齢規定を16歳以上としたため、この規定が改定されない限り、サンドラ・キムの記録は破られないとされています。

過去にこの一度の優勝と、何度もの上位入賞経験のあるベルギーですが、2000年以降はアイルランド同様成績が低迷。2004年に準決勝制が導入されてからは、決勝進出の勝敗は2勝7敗。近年は、2010年に出場したTom Diceが決勝で6位を獲得して以降、準決勝敗退が続いています。

(2010年代表曲 Tom Dice 「Me And My Guitar」)

今年はベルギー国民が選んだナンバー1ボイスで決勝進出を決めることができるのか!?
5/14の準決勝一日目に注目です。

参考:Wikipedia「ベルギーのユーロビジョン・ソング・コンテスト

【ESC2013】アイルランド:Jedwardのサポートから今年はメインに Ryan Dolan


ユーロビジョン2013アイルランド代表はRyan Dolanの「Only Love Survives」に決まりました。

Ryanは北アイルランドのティロン州出身の若手シンガー・ソングライターです。今回、Wez Devineとの共作「Only Love Survives」でユーロビジョンの国内予選に出場し優勝、アイルランド代表となりました。

これまで、アイルランドやイギリスの人気デュオで、2011年と2012年のユーロビジョンアイルランド代表Jedwardのサポートメンバーなどで活動していたRyanが、今回メインボーカルとしてユーロビジョンに参戦します。今回の楽曲「Only Love Survives」はRyanのデビューシングルとして、現在iTunes Storeなどで発売中です。

Ryan Dolanは、5/14の準決勝一日目に登場します。

参考:ESC公式savee Entertainment公式


〈ユーロビジョン2013 ライブパフォーマンス〉

(ユーロビジョン2013 決勝より)


〈ユーロビジョン アイルランドの成績〉

アイルランドは1965年に初出場してから、2回の不参加があるのみで、ほぼ毎年ユーロビジョンに参加しています。

かつて、ユーロビジョンの楽曲規定に「自国の公用語を歌詞に用いること」という決まりがあった頃、英語を歌詞に用いることができたアイルランドは強豪国でした(アイルランドの公用語は、アイルランド語と英語)。90年代には、1992年から3年連続で優勝するという金字塔を打ち立てており、この連勝記録を破った国は未だ出てきていません。

アイルランドの優勝回数は7回で、これも参加国の中で最多記録。この記録も未だ破られていません。

(1980年の優勝曲 ジョニー・ローガン 「What's Another Year」)

7回の優勝経験を持つかつての強豪国アイルランドですが、1999年に歌詞に用いる言語が自由化されてからは、成績が低迷。2002年には、前年の成績が低かったためにユーロビジョンへの出場ができないという事態になってしまいます。

2004年に準決勝制が導入されてからの決勝進出の成績は9勝3敗ですが、決勝での順位は2011年の8位が最高で、決勝に進んでもなかなか上位に入れないのが、アイルランドの現状です。

(2011年アイルランド代表 Jedward 「Lipstick」)

RyanはJedwardの記録を塗り替えることができるのか!?
アイルランドに8度目の優勝をもたらすことができるのか!?
国内からは「Jedwardを退治したって、アイルランドは優勝できない」なんて声も聞かれてるようなのですが…
いずれにしても、5/14は要注目です。

参考:Wikipedia「アイルランドのユーロビジョン・ソング・コンテスト
Spotifyプレイリスト
Twitter プロフィール
E.S.Cheersのツイッターアカウントです。 記事の紹介と併せて、ツイッター上で拾ったユーロビジョン最新情報のリツイート等もしています。 良かったらフォローお願いします♪
QRコード
QRコード
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
banner
  • ライブドアブログ