E.S.Cheers!! - #Eurovision 2017-

ヨーロッパで開催される年に一度の音楽祭ユーロビジョン・ソング・コンテスト(ESC)の最新情報などをお届けします。

ポルトガル

【速報】おめでとうSalvador!! ユーロビジョン2017優勝国はポルトガル

〈優勝はポルトガル〉
42カ国が参加したユーロビジョン2017キエフ大会の優勝者は、先程行われた投票の結果、「Amal Pelos Dois」を歌ったSalvador Sobralに決定しました。おめでとうございます!!

(Salvadol SobralAmal Pelos Dois」ウイニングステージより)

ポルトガルは1964年からユーロビジョンに49回出場していましたが、今回が初の優勝となりました。
この結果を受け、来年開催される予定のユーロビジョン2018はポルトガルで行われる予定です。


〈今年のトップ5〉
42カ国の審査員投票と視聴者投票の合計で順位が競われたユーロビジョン2017。上位5曲は以下のとおりです。

1位:ポルトガル(758票)
 Salvador Sobral Amar Pelos Dois

※母国語でのエントリーが優勝に輝いたのは2007年以来10年ぶりのこと

2位:ブルガリア(615票)
 Kristian Kostov 「Beautiful Mess

※昨年に続きトップ5に入ったブルガリア。大会終了後のインタビューで悔し涙を流していたのが印象的でした。

3位:モルドバ(374票)
 Sunstroke Project Hey Mamma

※Epic Sax Guyキレッキレなダンスは健在。会場も大いに盛り上がっていました。

4位:ベルギー(363票)
 Blanche City Lights

※街の明かり「City Lights」をイメージしたステージ演出が印象的。無機質な歌い方から感情がこもった歌い方まで、Blancheの表現力の幅広さが伺えるパフォーマンスとなりました

5位:スウェーデン(344票)
 Robin Bengtsson  I Can't Go On

※国内予選の段階から綿密に練られたステージパフォーマンス。「さすがスウェーデン」の一言につきます

5位以下はユーロビジョン公式サイトで公開されていますので、そちらをご参照ください。





今年のユーロビジョンは、ロシアとウクライナの政治的確執がクローズアップされ、大きな影を落とすこととなりましたが、「Amar Pelos Dois」という美しい楽曲が政治的力関係を抜きにして高く評価され、優勝したというのは賞賛されるべきなのではないでしょうか。
政治的混迷を極める今であっても、音楽が人々を一つにする力を持っているということを、今大会は証明してくれたと思っています。

来年は、もっと素晴らしい大会になって欲しいと願っています。

【ESC2017】ポルトガル:古き良きユーロビジョンの香り漂うシャンソンナンバー


ユーロビジョン2017ポルトガル代表は、Salvador Sobralの「Amar Pelos Dois(二人の愛)」に決まりました。

別れた恋人への忘れえぬ想いを歌ったこのバラードナンバー。Salvadorの語りかけるような優しい歌声と、それを包み込むようなピアノとストリングスのハーモニーが印象的で、ポルトガル語が分からなくても、切ない気持ちや、恋人に向けた優しい思いが伝わってきます。
古き良きシャンソンの香りもどこか漂っていて、シャンソン全盛期の頃のユーロビジョンにタイムスリップしたような気分も味わえるのではないかと思います。

この楽曲を手掛けたのは、彼の姉でシンガー・ソングライターのLuísa Sobralです。この楽曲について彼女は、「この曲を書いた時、彼(Salvador)の声が常に心のなかにあった」と語っており、自身が歌うものではなく、はじめからSalvadorに楽曲提供するために描き上げた曲であることを明かしています。


〈Salvador Sobralのプロフィール〉
Salvador Sobral(Salvador Vilar Braamcamp Sobral)は1989年にポルトガルの首都リスボンで生まれました。

リスボンの応用心理学研究所(Instituto Superior de Psicologia Aplicada)で心理学を学んでいた彼は、2009年、ポルトガル版アメアイIdolos第3シーズンに出場します。

(Idolos第3シーズン オーディションより)

オーディションでスティーヴィー・ワンダーの「Isn't She Lovely」を披露し、見事合格した彼は、その後のステージも順調に進んでいき、決勝ラウンドまで勝ち進んでいきました。

Salvador Sobral 「Sunday Morning」Maroon5カバー Idolos第3シーズンより)

決勝ラウンドに残った彼ですが、優勝の座を掴むことは出来ず、7位で終了してしまいます。
(ちなみに、姉もIdolos(第1シーズン)に出場していましたが、3位で終了しています。)

Idolosへの出場後、彼はメジャーデビューはせず、心理学の研究に進んでいくこととなったのですが、音楽への夢を捨てきれず、再び歌手としての夢を追うことになりました。

Salvadorは歌手を目指すべく、アメリカやスペインのバルセロナなど海外で音楽の勉強を行いながら、ジャズやボサノヴァなど様々なジャンルの音楽に触れ、音楽祭への出場や様々なアーティストとのセッションなどを通して実力をつけていきました。

Salvador Sobral and Leo AldreyAfter you've gone」Ella Fitzgeraldカバー)

Idolosの出場から7年後の2016年、Salvadorはポルトガルでファーストアルバム「Excuse Me」をリリースし、メジャーデビューを果たしました。

Salvador SobralExcuse Me」)

姉のLuísaのみならず、ベネズエラの作曲家Leonardo Aldreyからも楽曲提供を受けている他、ジャズやブラジル音楽など様々なジャンルにも挑んだこのアルバムは、ポルトガルのアルバムチャートで最高10位を獲得し、話題となりました。

そして2017年。彼はポルトガルで1年ぶりに開催されたユーロビジョン国内予選Festival da Cançãoに出場し、優勝。ユーロビジョン2017ポルトガル代表の座を獲得しました。


一部メディアで重病説が流れ、出場が危ぶまれているという噂も聞かれていた彼ですが、3/24に開催されたOGAEポルトガルのプレビューイベントで元気な姿を見せ、噂を一蹴。姉のギター伴奏によるライブパフォーマンスも披露しています。

Salvador Sobral Amar Pelos Dois」 OGAEポルトガル プレビューイベントより)


ユーロビジョン2017ポルトガル代表Salvador Sobralは、現地時間5/9に開かれる準決勝1日目に出場します。ポルトガル悲願の決勝進出に期待がかかっているライブパフォーマンスは必見です。


参考:ESC公式"About Salvador Sobral","Salvador Sobral has love enough for Portugal and Europe!"、Wiwibloggs"“AMAR PELOS DOIS” LYRICS — SALVADOR SOBRAL (PORTUGAL, EUROVISION 2017)","PORTUGAL’S SALVADOR SOBRAL: “EVERY PERSON WITH A TINY BIT OF SENSITIVITY WILL FEEL IT”"、Oikotimes"Portugal 2017: Salvador Sobral will not be seen until Kyiv but health is not the issue"、Wikipedia"Salvador Sobral"

【ESC2015】ポルトガル:こちらもThe VOICE出身アーティスト



ユーロビジョン2015ポルトガル代表は、Leonor Andradeの「Há um Mar que nos Separa(私達を分かつ海)」に決まりました。

愛し合っていた二人に突然訪れた別れ。会いたくても会えない切なさ、焦がれる気持ちを表現したポップロックナンバーです。彼女の伸びやかな声も印象的な一曲となっています。


〈Leonor Andradeのプロフィール〉
Leonor Andradeは1994年に、ポルトガルの首都リスボンの南にある街パルメラに生まれました。

4歳の頃からピアノをはじめ、音楽に打ち込んでいたという彼女。ピアノを使って自分で作った曲を歌ったりして楽しんでいたそうです。

兄弟や友達と一緒にバンドを組むようになってから、本格的に音楽に向き合い始めた彼女は、歌手デビューを夢見て2014年にポルトガル版The VOICEのオーディションに挑戦します。

 
Leonor AndradeFeeling Good」カバー The VOICE Portugalシーズン2より) 

今年の他のThe VOICE出身アーティストと同じく、審査員4人全員を振り向かせることができたLeonorは、その後のオーディションも順当に進み、準決勝まで進むことが出来ましたが、惜しくも決勝まで残ることはできず、敗退してしまいました。

しかし、彼女はその後シンガー・ソングライターとしての活動や、ポルトガルの放送局RTPのドラマで女優デビューするなど、本格的な芸能活動を始めることとなったのです。

2015年、LeonorはポルトガルのロックバンドPólo Norteのリードボーカルを務めるMiguel Gameiroから楽曲提供を受けて、ユーロビジョンの国内予選Festival da Cançãoに出場し、見事優勝。ポルトガル代表の座を射止めたのです。彼女にとって、憧れのアーティストから楽曲提供を受けたということも、国内予選で優勝するということもまるで夢のようで信じられない出来事だったそうです。


ユーロビジョン2015ポルトガル代表Leonor Andradeは、現地時間5/21に開かれる準決勝2日目に出場します。
彼女のサクセスストーリーは決勝へとつながるのか!? 要注目です。


参考:ESC公式 

ドイツ・ポルトガル・イギリス代表決定

〈混乱の末に… ドイツ代表決定〉
日本時間3/6未明、ドイツのハノーヴァーで国内予選の決勝が開かれ、ワイルドカード枠を含めた8組のアーティストが接戦を繰り広げました。

最終戦に勝ち残った二組のアーティストは、ドイツ版The Voise出身のAndreas Kümmertと、新人アーティストの登竜門ワイルドカード枠から勝ち上がったAnn Sophie

視聴者投票の結果、ドイツ代表の座を獲得したのはAndreas! …だったのですが、彼はその場でユーロビジョンへの参加を辞退し、Annに代表の座を譲ると表明。会場は歓声とブーイングの嵐で大混乱となりました。

(優勝決定後、ユーロビジョンへの参加辞退を表明したAndreas)

これを受け、ユーロビジョン2015ドイツ代表はAnn Sophieの「Black Smoke」に決定しました。

なお、翌日発表された投票結果の内訳によると、Annが21.3%の得票率であったのに対し、Andreasの得票率は78.7%と、Andreasが視聴者からの圧倒的な支持を得ていたことが明らかになりました。
ドイツのナンバーワンボイスが優勝し、代表の座は新人に譲るという、ドラマチックな展開がドイツで繰り広げられたのでした。

ユーロビジョン2015ドイツ代表は、5/23の決勝に出場します。


参考:ESC公式、ESC Today"Germany: Unser Song für Österreich; the figures"


〈ポルトガル代表はLeonor Andrade〉
日本時間の3/8朝、ポルトガルで国内予選の決勝が行われました。
決勝を制し、ポルトガル代表の座を獲得したのは、Leonor Andradeでした。

Leona AndradeHá um mar que nos separa」)

Leonorは2014年放送のポルトガル版The Voice出身のアーティストです。
昨年は惜しくも決勝進出へ進むことができなかったポルトガルですが、彼女の声で久々の決勝進出へ進むことができるのか、期待がかかっています。

ユーロビジョン2015ポルトガル代表は、5/21の準決勝2日目に出場します。


参考:ESC公式


〈イギリス代表 ついにヴェールを脱ぐ〉
ユーロビジョン2015イギリス代表の楽曲が、日本時間の3/8未明に、BBC1のデジタル放送サービスRed Buttonやユーロビジョン公式サイトなどで公開されました。

イギリス代表は、AlexとBiancaによる男女二人のユニットElectro Velvetの「Still In Love With You」に決まりました。

Electro VelvetStill In Love With You」)

クラシカルとエレクトロが絡まった軽快なダンス・ポップに仕上がっています。
バラードナンバーが多い今回のエントリーの中ではちょっと目を引く存在となるかもしれません。

ユーロビジョン2015イギリス代表は5/23の決勝に出場します。


参考:ESC公式

【ESC2014】ポルトガル:Suzyのラテンダンスナンバーで一年越しの復活!


ユーロビジョン2014ポルトガル代表はSuzyの「Quero Ser Tua(あなたのものになりたい)」に決まりました。
ラテン系ど真ん中で、ポルトガルらしさが全面に出ているダンスナンバーです。

ポルトガルは昨年、財政上の問題でユーロビジョンに参加できませんでしたが、早期より復帰に向けての準備を進め、今回復帰を果たすことが出来ました。Suzyのダンスナンバーで決勝へ駒を進めることができるのか、注目です。


〈Suzyのプロフィール〉
Suzy(本名:Susana Guerra)は1980年にポルトガルのフィダゲラ・ダ・フォズで生まれました。

5歳の頃から人前で歌声を披露していたという彼女は、ポルトガルの首都リスボンに移った後、90年代にポルトガルで人気だったキッズユニットOnda Chocのメンバーとして芸能活動を本格的に始めます。

このキッズユニットからは、後にポルトガルのポップス界で活躍するアーティストが多数輩出されたそうですが、Suzyもその一人。Onda Chocが解散し、ソロ活動を始めた1999年のクリスマスシーズンに、男性デュオAnjosとコラボレーションした「Esta Noite Branca(白い夜)」が大ヒットし、話題となったそうです。

Anjos & SusanaEsta Noite Branca」) 

その後はソロ名義で音楽活動を開始した他、ミュージカル「マイ・フェア・レディ」のポルトガル版に出演するなど、舞台の道へも進み始めることになります。

大学卒業後、一度芸能活動を休止し、カナダやアメリカ等を旅して過ごしていましたが、2009年に再び芸能活動を再開、現在はポルトガルを代表するポップシンガーとミュージカルスターとして活躍しています。

2014年に彼女はユーロビジョンのポルトガル国内予選に参加。今年で50周年を迎えるポルトガル国内予選Festival da Cançãoで彼女は準決勝を突破し、決勝で見事代表の座を獲得したのです。


ユーロビジョン2014ポルトガル代表Suzyは、5/6の準決勝1日目に出場します。
情熱的なステージに要注目です!


〈ライブパフォーマンス〉

(ユーロビジョン2014 準決勝1日目より)


参考:ESC公式、Wikipedia”Suzy (singer)”、”Onda Choc(ポルトガル語)” 
Spotifyプレイリスト
Twitter プロフィール
E.S.Cheersのツイッターアカウントです。 記事の紹介と併せて、ツイッター上で拾ったユーロビジョン最新情報のリツイート等もしています。 良かったらフォローお願いします♪
QRコード
QRコード
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
banner
  • ライブドアブログ