E.S.Cheers!! - #Eurovision 2017-

ヨーロッパで開催される年に一度の音楽祭ユーロビジョン・ソング・コンテスト(ESC)の最新情報などをお届けします。

ルーマニア

【ESC2017】ルーマニア:HipHop Meets ヨーデル!? The Voice出身2人組登場


ユーロビジョン2017ルーマニア代表はIlinca feat. Alex Floreaの「Yodel It!」に決まりました。

ロックからの影響を強く受けているAlexと、ヨーデルやカントリーミュージックを得意とするIlinca。出会うはずがなかったであろう異なる声質がこの曲では共に引き立てられ、融合しているのが大きな特徴であり、聞き所でもあります。

ヨーデルヒップホップな一曲に仕上がったこの楽曲は、Mihai Alexandru(作曲)とAlexa Niculae(作詞)の2人のルーマニア人作家により作られました。


〈二人のプロフィール〉

IlincaIt's oh so quiet」Björkカバー The Voice of Romania第4シーズンより)
Ilinca(Maria Ilinca Băcilă)は1998年8月にルーマニア中央部トランシルヴァニア地方の都市トゥルグ・ムレシュで生まれました。

音楽一家のもとに生まれたIlincaは7歳の頃から音楽を学び始め、14歳の頃にはルーマニア版Xファクターにグループで参加し、歌声を披露するまでに至りました。

16歳を迎えた2014年、IlincaはThe Voiceのブラインドオーディションで彼女の持つ最大の武器であるヨーデルを披露し、審査員達を大いに驚かせることとなりました。果たして、何人が彼女に振り向いたのでしょうか…?

IlincaCowboy Sweetheart」LeAnn Rimesカバー)

4人中3人を振り向かせることが出来たIlincaは、このオーディションを見事通過。Live Showまで駒を進めることとなりましたが、惜しくも優勝には至りませんでした。

しかし、彼女はThe Voiceへの出演をきっかけに、番組でコーチを担当していた歌手Loredana Grozaのツアーへの出演や楽曲制作への参加などを行うようになり、活躍の場を広げることとなったのです。



Alex FloreaLet Me Entertain You」Robbie Williamsカバー ルーマニア版Xファクターより)
Alex Florea(Alexandru Ionuț Florea)は、1991年9月にルーマニア南東部の黒海に面した都市コンスタンツァで生まれました。

彼は16歳の頃に、ユーロビジョン2006でルーマニア代表を務めたMihai Traistariuが運営する音楽学校に入学し、歌を学び始めます。この時、彼はMihaiプロデュースの音楽祭「Liga Campionilor」にも出演し、歌声を披露していました。

Alex FloreaHome」Blake Sheltonカバー Liga Campionilorより)

2014年にAlexはルーマニア版Xファクター第4シーズンに出場し、大きく成長した歌声で決勝ラウンドまで進出。優勝こそ叶いませんでしたが、番組出演により名が広く知れ渡ることとなりました。

翌2015年、彼はルーマニア版The Voiceにも挑戦しました。果たして彼は何人の審査員を振り向かせることができたでしょうか?

Alex FloreaBed of roses」Bon Joviカバー The Voice of Romaniaより)

シャウトが冴える彼の声に二人の審査員が振り向き、彼は見事オーディションを通過。Live Showまで駒を進めたものの、Ilinca同様優勝へは至りませんでした。

俳優としても活動しているAlexは現在、大学で芸術学部の修士課程を履修中なのだそうです。歌と演技を極めるということは、将来はミュージカルでの活躍も期待できそうですね。


そして2017年。The Voice出身組の二人はユーロビジョンのルーマニア国内予選に出場し、視聴者投票でトップに立ち優勝。ユーロビジョン2017ルーマニア代表に選ばれました。

Ilinca feat. Alex FloreaYodel It!」 ユーロビジョン2017ルーマニア国内予選より)


ユーロビジョン2017ルーマニア代表Ilinca feat. Alex Floreaは、現地時間5/11に開かれる準決勝2日目に出場します。


参考:ESC公式、Wikipedia"Ilinca Băcilă","Alex Florea","Mihai Trăistariu","X Factor (Romanian TV series)","Vocea României"

速報:ルーマニア 財政的問題でユーロビジョン参加辞退

〈返済不履行で…〉
EBU(欧州放送連合)は現地時間4/22に、ルーマニアのテレビ局TVRに対し、EBUからの脱退と、EBUが提供する放送サービスを打ち切る事を発表しました。これは、TVRがEBUから借りていた債務の返済が滞っており、期限を現地時間4/20まで延期したものの、TVRが返済できなかった事を受けての処分だということです。

なお、TVRがEBUから借りていた債務は合計で1600万スイスフラン(日本円にして約18億円)であるとEBU側は公表しています。TVR側は、ルーマニアの財務省などに駆け寄り、期限ギリギリまで返済の工面を行おうと動いていましたが、間に合わなかった格好です。

打ち切られる放送サービスの中には、ユーロビジョンネットワークを使ったニュース配信やスポーツ中継(EURO2016やリオデジャネイロ五輪など)のほか、ユーロビジョン・ソング・コンテストも含まれます。 

このため、ルーマニアのテレビ局TVRはユーロビジョン・ソング・コンテストの出場資格を失い、今大会の参加を辞退することとなりました。

TVRでは先月国内予選が開かれ、Ovidiu Antonが優勝し、ルーマニア代表として、現地時間5/12に開かれる準決勝2日目に出場する予定でした。
 
Ovidiu AntonMoment Of Silence」)


今回のルーマニア出場辞退を受け、ユーロビジョン2016の参加国数は、過去最高タイの42カ国となります。


参考:ESC公式、Oikotimes"Will Romanian entrant make it to Stockholm?"、EuroVisionary"Romania’s Eurovision 2016 participation in danger due to financial problems

【ESC2015】ルーマニア:人気ロックバンドが歌で伝えたかったメッセージとは…?



ユーロビジョン2015ルーマニア代表は、ロックバンドVoltajの「De la capăt / All Over Again」に決まりました。

Voltaj(=ボルテージ)という力強いバンド名とうって変わって、Călin Goiaの優しく語りかけるようなボーカルが印象的なミディアムポップナンバーに仕上がっている楽曲ですが、ミュージックビデオに出てくるメッセージ、気になりますよね? 
今回はミュージックビデオを通して伝えたかったVoltajのメッセージも紐解いてみたいと思います。


〈Voltajのプロフィール〉
voltajVoltajは5人組のロックバンドで、民主化革命が起こる前の1982年から活動を続けている、ルーマニアで人気の高いグループです。

現在のメンバーは以下の5人です。
 ・Călin Goia (ボーカル)
 ・Gabi „Porcus“ Constantin (ギター)
 ・Adrian Cristescu (キーボード)
 ・Valeriu „Prunus” Ionescu (ベース)
 ・Oliver Sterian (ドラム)

長い活動期間の中でバンドメンバーや演奏スタイルは様々に変遷してきていますが、現在はエレクトロポップの要素も取り入れたポップロックスタイルで活動しています。


VoltajLumea E A Mea(世界は僕のもの)」)

モルドバ、オーストリア、スペイン、イタリア、アイルランドなど、国内外での活動経験もある彼らは、2005年のMTV Europe Music AwardでBest Romanian Actを受賞します。 

国内外で高い評価を受けているVoltajは、2015年に開かれたユーロビジョンのルーマニア国内予選に出場し、優勝します。
 
VoltajDe la capăt」 ユーロビジョン2015ルーマニア国内予選より)

ルーマニアを代表するロックバンドが晴れて代表の座を射止めたわけですが、気になるのはミュージックビデオに流れたメッセージ、国内予選の冒頭で、母親が寝てる子供にキスしてから重い荷物を持って家を出るというパフォーマンス… 
これらは何を示しているのでしょうか? 

それには、ルーマニアが辿ってきた近年の歩みを振り返る必要があるようです。


〈ルーマニアの抱える出稼ぎ問題〉
1989年、長く実権を握っていたチャウシェスク政権が革命によって崩壊した後、ルーマニアは民主化を果たし西側諸国の仲間入りを果たすこととなりましたが、経済は大きく停滞した状況が続き、ヨーロッパの中で最貧国の一つとなってしまいました。

しかし、地道な改革や、2007年のEU加盟を期にルーマニアの経済は飛躍的に伸びていきます。現在のルーマニアの一人あたり実質GDPも9750ドル(2015年4月IME調べ)と、民主化当初(2302ドル)より大幅に増加しています。

ところが、 目をルーマニアからEU全域に移すと、イギリスやスペイン、イタリアなどはルーマニアの倍以上のGDPを打ち出しており、EU域内の経済格差がはっきりと現れていることがわかります。

volpv1EUでは域内の人と物の行き来が自由となっていますから、2007年のEU加盟後のルーマニアでは、より多くの賃金を求めて出稼ぎに行く人が後を絶たなくなってしまいました。Voltajのミュージックビデオにもありますが、現在300万人以上のルーマニア人が出稼ぎに行っているのです。

その結果、ルーマニアには現在、出稼ぎに出ている親と長く離れ離れになっている子どもたちが多数いるという社会問題が起こっているのです。2006年には、10歳の子供が、出稼ぎに行っている親に会えない寂しさのあまり自殺してしまったという出来事があり、大きな関心を呼んだようです。子どもにもっと良い生活をしてほしいと願い、出稼ぎに行った結果がこのような悲劇となってしまうのは、何とも痛ましいことだと思います。

そこで立ち上がったのが、今回ルーマニア代表となったロックバンドVoltajです。
彼らは今回の楽曲にちなんで、「All Over Again(De la capăt)」というプロジェクトを立ち上げ、親と離れ離れになっている子どもへの支援をNPO法人とタッグを組んで行うこととなりました。 今回の楽曲は、そんなルーマニアの現状を歌の力で変えていこうという思いが込められていたんですね。


ルーマニアの子どもたちの思いを代弁すべく立ち上がったロックバンドVoltajは、現地時間5/19に開かれる準決勝1日目に登場します。
彼らの思い、そして暖かいルーマニア語の響きに、ぜひ耳を傾けてみてください。


参考:ESC公式、Wikipedia"Voltaj"、Voltaj公式サイト、NHK BS1地球特派員2007「拡大EUのフロンティアで ~新加盟ルーマニアの光と影~」(PDF)、世界経済のネタ帳「ルーマニアの一人あたりGDPの推移」 

「Miracle」ミュージックビデオ公開

〈Paula Seling & Ovi 「Miracle」ミュージックビデオ公開〉
ユーロビジョン2014ルーマニア代表Paula Seling & Oviが歌う「Miracle」のミュージックビデオが公開されました。



今回で二度目の出場となるPaula Seling & Oviは、5/8の準決勝2日目に出場します。


参考:ESC Today"Romania: Miracle music video unveiled" 


〈ドイツ代表Elaizaもミュージックビデオ公開〉
ユーロビジョン2014ドイツ代表Elaizaが歌う「Is It Right?」のミュージックビデオが公開されました。



音楽のイメージにピッタリ合った男性パントマイマーのパフォーマンスにも注目の一本です。
ドイツ代表Elaizaは、5/10の決勝に出場します。


参考:Wiwiblog"WATCH: ELAIZA UNVEILS OFFICIAL VIDEO FOR IS IT RIGHT

今年のステージは「モスクワ級」に!?

〈ユーロビジョンに巨大ステージが戻ってくる!〉
現在コペンハーゲンのアマー島のあるB&Wアリーナでユーロビジョンの会場建設が着々と進行していますが、先日行われたユーロビジョンの代表者会議で、建設中のB&Wアリーナが関係者向けに公開されました。

2009moscowユーロビジョン2014の番組プロデューサーJan Lagermand Lundmeは取材に対し、「モスクワ大会ほどではないが、B&Wアリーナのステージは大きなものになる」と明かしました。ステージの大きさも、照明も、大掛かりなものになるということです。

写真は引き合いに出された2009年のモスクワ大会の会場です。モスクワオリンピックで使われたオリンピックアリーナを使用したステージとあって、とてもスケールの大きな作りとなっています。

昨年は大会費用の経費削減がうたわれていたこともあり、会場のステージが小さく、ステージ背景もLEDスクリーンの代用としてプロジェクターが使用されるなど、華やかさに欠ける部分も見受けられましたが、大掛かりなステージセットが戻ってくるというのは嬉しい限りです。

B&Wアリーナは、元々船のドックとして使用されていたこともあり、天井がとても高い造りになっています。大きなステージということは、この高さを活かした作りとなるのでしょうか? 完成が楽しみですね。

参考:ESC公式


〈Paula & OVI 「Miracle」なアコースティックステージ披露〉
ユーロビジョン2014ルーマニア代表Paula & OVIが、代表曲「Miracle」のアコースティックバージョンを公開しました。


2010年の代表曲「Playing With Fire」を彷彿とさせるアクリル製の対面ピアノで歌う二人。
二人の歌唱力の高さに圧倒です。

Paula & OVIは5/8の準決勝二日目に登場します。B&Wの大きなステージで披露される二人のパフォーマンス、とても楽しみですね。
Spotifyプレイリスト
Twitter プロフィール
E.S.Cheersのツイッターアカウントです。 記事の紹介と併せて、ツイッター上で拾ったユーロビジョン最新情報のリツイート等もしています。 良かったらフォローお願いします♪
QRコード
QRコード
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
banner
  • ライブドアブログ