E.S.Cheers!! - #Eurovision 2017-

ヨーロッパで開催される年に一度の音楽祭ユーロビジョン・ソング・コンテスト(ESC)の最新情報などをお届けします。

決勝進出

【ESC2017】準決勝1日目 決勝進出者決定!

ユーロビジョン2017キエフ大会の準決勝1日目が終了しました。
どのアーティストも圧巻のステージでしたね。

今回18カ国が参加した準決勝1日目。
決勝進出を決めたのはこちらの方々です。

1.モルドバ 
 Sunstroke Project Hey Mamma


2.アゼルバイジャン 
 Dihaj 「Skeletons


3.ギリシャ
 Demy 「This is Love


4.スウェーデン
 Robin Bengtsson 「I Can't Go On


5.ポルトガル
 Salvador Sobral Amar Pelos Dois


6.ポーランド
 Kasia Moś Flashlight


7.アルメニア
 Artsvik Fly With Me


8.オーストラリア
 Isaiah 「Don't Come Easy


9.キプロス
 Hovig Gravity


10.ベルギー
 Blanche 「City Lights



(発表順。アーティスト名クリック→当ブログ紹介記事、曲名クリック→「シーラさんの日本滞在記」での楽曲解説と和訳にリンクしています)


今回見逃してしまったという方は、YouTubeでのオンデマンド配信などでお楽しみください。

【速報】準決勝2日目 決勝進出者決定

さきほど、ユーロビジョン2016ストックホルム大会の準決勝2日目が終了しました。
どのアーティストも圧巻のステージでしたね。

今回18カ国が参加した準決勝2日目。
決勝進出を決めたのはこちらの方々です。

1.ラトビア
 Justs 「Heatbeat

2.ジョージア
 Nika Kocharov and Young Georgian Lolitaz 「Midnight Gold

3.ブルガリア
 Poli Genova 「If Love Was A Crime

4.オーストラリア
 Dami Im 「Sound Of Silence

5.ウクライナ
 Jamala 「1944

6.セルビア
 Sanja Vučić 「Goodbye (Shelter)

7.ポーランド
 Michał Szpak 「Color Of Your Life

8.イスラエル
 Hovi Star 「Made Of Stars

9.リトアニア
 Donny Montell 「I've been waiting for this night

10.ベルギー
 Laura Tesoro 「What's The Pressure


(発表順)

今回見逃してしまったという方は、ユーロビジョン公式サイトの「Web TV」とYouTubeでのオンデマンド配信でお楽しみください。 
 

【速報】準決勝1日目 決勝進出者決定

さきほど、ユーロビジョン2016ストックホルム大会の準決勝1日目が終了しました。
どのアーティストも圧巻のステージでしたね。

今回18カ国が参加した準決勝1日目。
決勝進出を決めたのはこちらの方々です。

1.アゼルバイジャン
 Samra 「Miracle


2.ロシア
 Sergey Lazarev 「You are the only one


3.オランダ
 Douwe Bob 「Slow Down


4.ハンガリー
 Freddie 「Pioneer


5.クロアチア
 Nina Kraljić 「Lighthouse


6.オーストリア
 ZOË 「Loin d'ici


7.アルメニア
 Iveta Mukuchyan 「Love Wave


8.チェコ
 Gabriela Gunčíková 「I Stand


9.キプロス
  Minus One 「Alter Ego


10.マルタ 
 Ira Losco 「Walk On Water


(発表順)

今回見逃してしまったという方は、ユーロビジョン公式サイトの「Web TV」とYouTubeでのオンデマンド配信でお楽しみください。
 

【速報】準決勝1日目 決勝進出者決定!

さきほど、ユーロビジョン2014コペンハーゲン大会の準決勝1日目が終了しました。
どのアーティストも圧巻のステージでしたね。

今回16カ国が参加した準決勝1日目。
決勝進出を決めたのはこちらの方々です。
準決勝1日目のパフォーマンスと共にご覧ください。

1.モンテネグロ
 Sergej ĆetkovićMoj Svijet


2.
ハンガリー
 András Kállay-SaundersRunning


3.
ロシア
 Tolmachevy SistersShine


4.
アルメニア
 Aram MP3Not Alone


5.
アゼルバイジャン
 Dilara KazimovaStart A Fire


6.
サンマリノ
 Valentina MonettaMaybe(Forse)


7.
ウクライナ
 Mariya YaremchukTick-Tock


8.
スウェーデン
 Sanna NielsenUndo


9.
オランダ
 The Common LinnetsCarm After the Storm


10.
アイスランド
 PollapönkNo Prejudice


(発表順)

今回見逃してしまったという方は、ユーロビジョン公式サイトの「Web TV」で見ることができますので、ぜひチェックしてみてください。

ブックメーカーの間で優勝候補と言われているアルメニアと、YouTubeユーザーやOGAEの熱い支持を持つスウェーデンは余裕で決勝進出を決めました。

さらに、モンテネグロやサンマリノが大会参加以来初めて決勝進出を果たした事にも注目です。
サンマリノ代表Valentina Monettaは三度目の挑戦にして初の決勝進出となります。本当におめでとうございます!!

一方、緊迫した情勢が続くウクライナとロシアに関しては、両方とも決勝進出を決めました。
ロシアがアナウンスされた際、会場で非常に大きなブーイングが沸き起こっていたのが印象的です…


次の準決勝は、5月8日に行われます。
話題のドラァグクイーンConchita Wurstなどの注目ステージが控えていますので、こちらもお見逃しなく。

トップバッターは決勝進出に不利!?

〈準決勝の一番手は決勝に進みにくいって本当?〉
毎年毎年「準決勝でトップバッターに来る楽曲は決勝に進みにくい」なんて話を耳にします。

今年の準決勝のトップバッターは、5/6の1日目がアルメニアのAram MP3で、5/8の2日目がマルタのFirelightとなっていますが、この話が本当だとしたら彼らの運命はどうなってしまうのでしょう…

ESC Todayでは、準決勝が二部構成になった2008年にさかのぼり、過去6年間の成績から、出場順による決勝進出の割合を算出しています。

記事によれば、準決勝でトップバッターになったアーティストが決勝に進める割合は5/12。二番手になると確率が8/12(=2/3)に上昇し、最後になると10/12(=5/6)まで確率が高まっていたのだとか。やはり、出場順と勝敗は大いに関係があったようです。生放送という性質上、致し方ない部分もあるかもしれないですが…

でも、良い曲であればきっと良い評価が下るはず…と信じたいです。

参考:ESC Today"Eurovision 2014: An analysis of the semi final running order"


〈1956年から2013年まで アカペラで奏でるユーロビジョン優勝曲メドレー〉
デンマークで活動しているアカペラグループCPH a Cappelaが、YouTubeに素晴らしいライブパフォーマンスをアップしました。

CPH a CappelaEvolution of Eurovision」)

このパフォーマンス「Evolution of Eurovision」は、1956年から2013年のユーロビジョン優勝曲がメドレーになってぎゅっと凝縮された一曲となっています。ユーロビジョン・ファンにとって、どこに何の曲が入ってきてるのか、色々探ってみたくなるような仕掛けもあって非常に面白い仕上がりにもなっています。

第一回優勝者リス・アシアの曲からスタートし、ABBA、セリーヌ・デュオン、そしてロリーンにEmmelie de Forestまで… たった7分で歌いきってしまうこの実力、構成力に脱帽です。ちょうどメンバーも6人ですし、この力があれば次のデンマーク代表も狙えるのでは!?

参考:Eurovisionireland"“The Evolution of Eurovision” a Cappella – A Must See Video"
Spotifyプレイリスト
Twitter プロフィール
E.S.Cheersのツイッターアカウントです。 記事の紹介と併せて、ツイッター上で拾ったユーロビジョン最新情報のリツイート等もしています。 良かったらフォローお願いします♪
QRコード
QRコード
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
banner
  • ライブドアブログ