E.S.Cheers!! - #Eurovision 2017-

ヨーロッパで開催される年に一度の音楽祭ユーロビジョン・ソング・コンテスト(ESC)の最新情報などをお届けします。

Kaliopi

【ESC2017】クロアチア:Mr. Voice Jacques Houdek登場


ユーロビジョン2017クロアチア代表はJacques Houdekの「My Friend」に決まりました。

この楽曲は、この世に生を受けた命、そしてその生命との出会いや一生を「奇蹟」と讃え、日々を懸命に生きるすべての人を「友人」の様に親身に応援するバラードナンバーです。

この曲の大きな特徴は、歌詞が英語とイタリア語に書き分けられており、さらに歌い方も「ポップス調のハイトーンボイス」と「オペラ調のバリトンボイス」の二通りに歌い分けられている点にあります。
2つの言語、2通りの声を歌い分けることで、人それぞれの違い(性、国、人種、年齢など)を尊重し、「友人」として受け入れようという意味合いを込めているのではないかと思われます。
この楽曲もまた、今大会のスローガンである「Celebrate Diversity(多様性を祝おう)」にピッタリな一曲ではないでしょうか?

この楽曲は、クロアチアのミュージシャンSiniša Reljićやスウェーデンの作曲家Tony Malmなど、5人の作家がJacques Houdekと共同で制作しています。
(作詞:Jacques Houdek、Ines Prajo、Arjana Kunštek、Fabrizio Laucella
 作曲:Jacques Houdek、Siniša Reljić、Tony Malm)

Eric SaadeMasquerade」 Tony Malm制作楽曲)


〈"Mr. Voice"Jacques Houdekのプロフィール〉

Jacques HoudekStotinama godina(いつまでも)」)
Jacques Houdek(Željko Houdek)は1981年4月にクロアチアの首都ザグレブで生まれました。

初等学校でピアノを学んだ彼は、音楽専門の高校と美容専門学校の両方を掛け持ち入学し、さらにオペラのボーカルトレーニングも受けるという多忙な青春時代を過ごしました。

2000年2月、Jacquesはザグレブのクラブで初のソロライブを開催し、歌手デビューを果たします。
以後彼はクロアチア国内外で数多くのライブを開催し、アルバムを13枚リリースするなど、クロアチアを代表するシンガーへと登りつめました。

Jacques HoudekSrećom Imam Tebe(君に逢えた幸福)」)

ソロ活動にとどまらず、彼は様々なアーティストとのコラボレーションも積極的に行ってきました。2010年にはマケドニアを代表するシンガーで、ユーロビジョンにも2度出場しているKaliopiとの共演も果たしています。

Kaliopi and Jacques HoudekOstani vo mene(私の中で…)」)

Jacquesの活躍は音楽に留まらず、数多くのテレビ番組にも出演しています。2015年にはクロアチア版The Voiceにメンターとして出演し、後にユーロビジョン2016クロアチア代表を務めるNina Kraljićを優勝へ導いたことも話題となりました。

Nina Kraljić and Jacques HoudekEuphoria」Loreenカバー)

そして2017年。クロアチアの放送局HRTの内部選考で Jacquesはユーロビジョン2017クロアチア代表に選ばれました。

Jacques Houdek 「My Friend」モチベーションビデオ版)


ユーロビジョン2017クロアチア代表Jacques Houdekは、現地時間5/11に開かれる準決勝2日目に出場します。
愛弟子Nina Kraljićに続いて決勝進出を果たすことができるのか、要注目です。


参考:ESC公式Jacques Houdek公式、Wikipedia"Jacques Houdek"

【ESC2017】マケドニア:ほのかに哀愁漂う80'sサウンド


ユーロビジョン2017マケドニア代表は、Jana Burčeskaの「Dance Alone」に決まりました。

懐かしのシンセサウンドで彩られたこの楽曲ですが、「Dance Alone」というタイトル通り、華やかなサウンドの中にふと哀愁を漂わせるポイントが現れるのが特徴的です。最後は、踊り疲れて一人眠りにつくような、少し尾を引くような寂しさを残して締めくくられます。

世界中から寄せられた200曲以上のデモテープの中から選ばれたこの楽曲は、スウェーデンのプロデューサーJoacim Perrsonを筆頭にした4人の作曲チームにより作られた楽曲で、選曲を担当したESCマケドニア代表団のMeri Popova代表は「楽曲の公募を始めた頃から私達の心に刺さっていた曲」、「Janaにはこの曲がピッタリ」と選曲理由を語っています。

ロシア人クリエーターSergey Zhelezkoにより制作されたミュージックビデオも、楽曲に沿うような哀愁が漂っています。VRヘッドセットを外して現実に引き戻される虚無感が何とも言えません…


〈Jana Burčeskaのプロフィール〉
Jana Burčeskaは1993年にマケドニアの首都スコピエに生まれました。
彼女が歌手デビューするきっかけとなったのは、2011年に放送されたマケドニア版アメアイMacedonian Idol第1シーズンへの出場でした。

(Jana Burčeska ライブパフォーマンス Macedonian Idolより)

マケドニアを代表する歌手で、2012年と2016年のユーロビジョンマケドニア代表Kaliopiが審査員を務めたこの番組で、彼女は決勝まで進んだものの、5位で終了。優勝には届きませんでしたが、この大会の女性出場者の中では最高位の成績を残しました。

番組出演後、彼女はユニセフの親善大使を務めるなど、音楽以外の活動も行っていきましたが、2012年、マケドニアの音楽祭Skopje Festに出場し、再び歌手として注目を集めます。
 
Jana BurčeskaBi bila tvoja」 Skopje Fest2012より)

歌手としてのキャリアも着実に重ねていったJanaは、自身と同じくMacedonian Idol出身の男性アーティストMiki Sekulovskiとデュエットを組み翌年のSkopje Festに出場したり、ロックバンドMizarと活動を共にするなど、様々なアーティストとのコラボレーションも積極的に行っていきました。
 
Jana Burčeska & Miki Sekulovski Ljubovna」 Skopje Fest2013より)


そして2017年。Jana Burčeskaはマケドニアの放送局MKRTVの内部選考によりユーロビジョン2017マケドニア代表に選出。現地時間5/11に開かれる準決勝2日目に出場することになりました。

どのようなライブパフォーマンスが展開されるのか、注目です。


参考:ESC公式、Wikipedia"Jana Burčeska

【ESC2016】マケドニア:Kaliopi 三度目の挑戦



ユーロビジョン2016マケドニア代表は、Kaliopiの「Dona」に決まりました。

今回ユーロビジョンに二度目の出場を果たしたKaliopi。2012年に出場した時はハイトーンを駆使した情熱的なロックナンバーでしたが、今回はロックバラードで愛と絆を力強く歌い上げています。作詞はKaliopi自身の手により行われ、作曲はデビュー当時からプロデュースに関わり続けているRomeo Grillの手によるものです。

今年は2009年以来久々に、(コソボを除き)旧ユーゴ圏が揃ってユーロビジョンに出場する事になりましたが、出場6カ国のうち自国語の歌詞でエントリーしたのはボスニア・ヘルツェゴビナとマケドニアのみ。マケドニアは2014年と2015年は英語詞でのエントリーが続いていて、今回は久々のマケドニア語によるナンバーとなっています。


〈Kaliopiのプロフィール〉
Kaliopi(本名:Kaliopi Bukle)は1966年にマケドニア西部の都市キチェヴォで生まれました。

幼い頃から音楽に興味を抱いていたという彼女は、9歳の頃から児童音楽コンクールに出場したり、合唱団に入ってヨーロッパ諸国を回るなど、積極的に音楽活動を行っていたそうです。

彼女がプロシンガーとしてデビューしたのは1984年のことでした。音楽学校に進学し、ユーゴスラビアの音楽コンクールで3位入賞を果たした後、音楽プロデューサーRomeo Grillの手により結成されたロックバンド「Kaliopi」のリードボーカルとして活動することになったのです。

翌1985年には音楽祭Festival Opatijaにて最優秀パフォーマー賞を受賞、ファーストアルバム「Kaliopi」をリリースした1986年にはクロアチアの音楽祭Split Festivalで最優秀新人賞を受賞し、ユーゴスラビアで知名度を高めていきました。

しかし、音楽祭やテレビへの出演などが相次ぎ、人気絶頂の中にいた彼女はスイスに移住し、ほどなくしてバンドは解散してしまいます。Kaliopiは約10年間、音楽から遠ざかる生活を送ることにしたのです。

そんな彼女が音楽に復帰したのは1996年のこと。マケドニアの音楽祭「Skopje Fest」への出場がきっかけでした。
 
KaliopiSamo ti(あなただけ)」 Skopje Fest1996より)

ソロシンガーKaliopiとして復帰した彼女は、ユーロビジョンの国内予選でもあったこの音楽祭で優勝し、ユーロビジョン1996マケドニア代表として出場することとなったのですが、非公開の事前審査により落選してしまいます。

この年はユーロビジョンに参加を希望する国が相次いでいた年で、まだ準決勝制が導入されておらず、どのように参加国を絞るか模索していたそうです。
苦肉の策として、本放送前にオーディオ審査で参加23カ国を決めるという策に打って出たのですが、審査の不透明性は参加各国から避難が相次ぎ、特に開催資金の拠出額が多い国の一つであったドイツが落選したことは大きなトピックとなり、後にBig5(=最大拠出国が落選しない制度)が誕生したり、準決勝制が導入されることとなったのです。 

結局ユーロビジョンに出場できなかったKaliopiですが、その後はより積極的に音楽活動を行っていきました。
自身のアルバムリリースのみならず、ほかのアーティストへの楽曲提供など、シンガー・ソングライターとしてマケドニア国内外で精力的な活動を行い続けました。

2012年、Kaliopiはマケドニアの放送局からの招待を受け、ユーロビジョン2012マケドニア代表として念願の初出場を果たしました。
 
KaliopiCrno I Belo(白と黒)」 ユーロビジョン2012決勝より)

準決勝を9位で通過した彼女は、2008年以降準決勝敗退が続いていたマケドニアを決勝に導くこととなったのです。


その後も精力的にアルバムリリースやアーティストへの楽曲提供、テレビ出演などを重ねてきた彼女は、ソロ活動開始20年という節目を迎える2016年に、マケドニアの放送局MKRTVからの誘いで再度ユーロビジョンに出場することが決まりました。

ユーロビジョンのファンから多くの声援を受けて2度目の出場を決めたKaliopiは、現地時間5/12に開かれる準決勝2日目に出場します。彼女が出場した2012年を最後に、昨年まで準決勝敗退が続いているマケドニアを再び決勝へ導くことができるのか、要注目です。


参考:ESC公式、Wikipedia"カリオピ","ユーロビジョン・ソング・コンテスト1996"、Kaliopi公式ページ
Spotifyプレイリスト
Twitter プロフィール
E.S.Cheersのツイッターアカウントです。 記事の紹介と併せて、ツイッター上で拾ったユーロビジョン最新情報のリツイート等もしています。 良かったらフォローお願いします♪
QRコード
QRコード
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
banner
  • ライブドアブログ