E.S.Cheers!! - #Eurovision 2017-

ヨーロッパで開催される年に一度の音楽祭ユーロビジョン・ソング・コンテスト(ESC)の最新情報などをお届けします。

The_VOICE

【ESC2017】ブルガリア:17歳の天才シンガーKristian Kostov登場!


ユーロビジョン2017ブルガリア代表はKristian Kostovの「Beautiful Mess」に決まりました。

「美しき混沌」と名付けられたこのバラードナンバーは、争いが絶えないこの世界で「愛」という一筋の光を求め、「誰が何と言おうとも、それ以外何も望まない」と歌い上げた、平和への望みが込められた楽曲となっています。ミュージックビデオでも、旗を掲げて何処かへ突撃する群衆や、Kristianの手から羽ばたいていった一羽の鳩が印象的です。

第二次世界大戦の終結から70年が経過した今なお、世界各地で戦火が燻り続け、戦争とはほぼ無縁であった私たち日本人にもその火の粉が覆いかぶさるかもしれないという現状を厳しく批判しているようにも聞こえるこの一曲。私たちが本当に望んでいるものは何なのか、じっくりと考えさせられる楽曲なのではないでしょうか。

…と、かなりシリアスな内容の楽曲ではあるのですが、歌っている当のKristian本人はとても親しみやすいキャラクターで、ヨーロッパ各地で開催されたユーロビジョンのプレビューイベントでも、各国代表の歌手と積極的に絡むなど、愛嬌の良さが非常に話題となりました。

Manel Navarro, Robin Bengtsson and Kristian KostovDo It For Your Lover」)

楽曲の制作には、ブルガリア代表として2度出場したPoli Genovaの楽曲「Na Inat(2011年)」や「If Love Was A Crime(2016年)」、ユーロビジョン2017セルビア代表楽曲「In Too Deep」の制作に関わったBorislav Milanovや、ユーロビジョン2014優勝者Conchita Wurstのアルバム「Conchita」収録楽曲「Heroes」の制作に関わったSebastian Arman、ユーロビジョン2017セルビア代表楽曲や同年マケドニア代表楽曲「Dance Alone」の制作に関わっているJoacim Perssonなど、5人の作曲家が制作に関わっています(Borislav Milanov、Sebastian Arman、Joacim Persson、Alexander V. Blay、Alex Omar)

Conchita Wurst Heroes」 Sebastian Arman制作楽曲)


〈Kristian Kostovのプロフィール〉

Kristian KostovСлушай Дождь(雨音を聞きながら)」)
Kristian Kostov(Kristian Konstantinov Kostov / Кристиан Константинов Костов)は2000年3月にロシア連邦の首都モスクワで生まれました。

ブルガリア人の父とカザフスタン人の母の間に生まれた彼は、生まれ育った地の言葉(ロシア語)はもちろんのこと、父親からブルガリア語と英語を学び、今でも流暢にそれらの言葉を話すことができるといいます。

6歳の頃から音楽の勉強を始め、11歳の頃には様々な音楽祭に出場するようになったKristianが一躍注目を浴びることとなったのが、2014年にロシアで放送されたキッズ版The Voiceへの出場でした。

Kristian KostovIf I ain`t got you」Alicia Keysカバー Голос. Дети(The Voice Kids)第1シーズンより)

ブラインドオーディションで審査員のDima Bilanが思わず一緒に口ずさんでしまう程の実力を示した彼はオーディションに合格。Dimaのチームに就き決勝まで駒を進めましたが、惜しくも優勝を逃してしまいます。

しかし、ロシアであっと言わせる歌唱力を見せつけた彼は、2015年に父親の出身地であるブルガリアで開催されたXファクター第4シーズンに出場し、父の母国の聴衆も沸かせる実力を見せつけることとなったのです。

(ブルガリア版Xファクター オーディションより)

オーディションを見事通過したKristianは、最終ステージまで駒を進めることとなりましたが、惜しくも決勝で敗退し準優勝となってしまいました。

しかし、彼はこの番組への出演をきっかけにブルガリアのレコード会社Virginia Recordsと契約し、翌2016年にシングル「Ne si za men」でデビューを果たしました。

Kristian KostovNe si za men(英語版:You Got Me Girl)」)

そして2017年。Kristianはブルガリアの放送局BNTの内部選考により、ユーロビジョン2017ブルガリア代表に選ばれました。

Kristian KostovBeautiful Mess」ライブ盤)


ユーロビジョン2017ブルガリア代表Kristian Kostovは、現地時間5/11に開かれる準決勝2日目に出場します。
ブルガリアに再びハイスコアをもたらすことができるのか。Kristianの若き才能あふれる力に大きな期待がかかっています。


参考:ESC公式、Wikipedia"Kristian Kostov"、Wiwibloggs"BULGARIA REVEALS KRISTIAN KOSTOV’S “BEAUTIFUL MESS” LYRIC VIDEO"

【ESC2017】クロアチア:Mr. Voice Jacques Houdek登場


ユーロビジョン2017クロアチア代表はJacques Houdekの「My Friend」に決まりました。

この楽曲は、この世に生を受けた命、そしてその生命との出会いや一生を「奇蹟」と讃え、日々を懸命に生きるすべての人を「友人」の様に親身に応援するバラードナンバーです。

この曲の大きな特徴は、歌詞が英語とイタリア語に書き分けられており、さらに歌い方も「ポップス調のハイトーンボイス」と「オペラ調のバリトンボイス」の二通りに歌い分けられている点にあります。
2つの言語、2通りの声を歌い分けることで、人それぞれの違い(性、国、人種、年齢など)を尊重し、「友人」として受け入れようという意味合いを込めているのではないかと思われます。
この楽曲もまた、今大会のスローガンである「Celebrate Diversity(多様性を祝おう)」にピッタリな一曲ではないでしょうか?

この楽曲は、クロアチアのミュージシャンSiniša Reljićやスウェーデンの作曲家Tony Malmなど、5人の作家がJacques Houdekと共同で制作しています。
(作詞:Jacques Houdek、Ines Prajo、Arjana Kunštek、Fabrizio Laucella
 作曲:Jacques Houdek、Siniša Reljić、Tony Malm)

Eric SaadeMasquerade」 Tony Malm制作楽曲)


〈"Mr. Voice"Jacques Houdekのプロフィール〉

Jacques HoudekStotinama godina(いつまでも)」)
Jacques Houdek(Željko Houdek)は1981年4月にクロアチアの首都ザグレブで生まれました。

初等学校でピアノを学んだ彼は、音楽専門の高校と美容専門学校の両方を掛け持ち入学し、さらにオペラのボーカルトレーニングも受けるという多忙な青春時代を過ごしました。

2000年2月、Jacquesはザグレブのクラブで初のソロライブを開催し、歌手デビューを果たします。
以後彼はクロアチア国内外で数多くのライブを開催し、アルバムを13枚リリースするなど、クロアチアを代表するシンガーへと登りつめました。

Jacques HoudekSrećom Imam Tebe(君に逢えた幸福)」)

ソロ活動にとどまらず、彼は様々なアーティストとのコラボレーションも積極的に行ってきました。2010年にはマケドニアを代表するシンガーで、ユーロビジョンにも2度出場しているKaliopiとの共演も果たしています。

Kaliopi and Jacques HoudekOstani vo mene(私の中で…)」)

Jacquesの活躍は音楽に留まらず、数多くのテレビ番組にも出演しています。2015年にはクロアチア版The Voiceにメンターとして出演し、後にユーロビジョン2016クロアチア代表を務めるNina Kraljićを優勝へ導いたことも話題となりました。

Nina Kraljić and Jacques HoudekEuphoria」Loreenカバー)

そして2017年。クロアチアの放送局HRTの内部選考で Jacquesはユーロビジョン2017クロアチア代表に選ばれました。

Jacques Houdek 「My Friend」モチベーションビデオ版)


ユーロビジョン2017クロアチア代表Jacques Houdekは、現地時間5/11に開かれる準決勝2日目に出場します。
愛弟子Nina Kraljićに続いて決勝進出を果たすことができるのか、要注目です。


参考:ESC公式Jacques Houdek公式、Wikipedia"Jacques Houdek"

【ESC2017】デンマーク:豪州ナンバー1・ボイスが悲願の母国代表に


ユーロビジョン2017デンマーク代表は、Anjaの「Where I Am」に決まりました。

好きな人への愛をパワフルに歌い上げているこのパワーバラードは、オーストラリア版Xファクター第4シーズンで圧倒的な歌唱力を見せつけていたAngel Tupaiらとの共同制作で作られた楽曲で、Anjaのパワーある歌声が活かされた作品に仕上がっています。


〈Anjaのプロフィール〉
Anja(Anja Nissen)は1995年11月にオーストラリアのシドニーから西へ80kmほどに位置する街ウィンマリーで生まれました。

生まれはオーストラリアですが、両親ともにデンマーク系の移民であったため、デンマークに住む親族も多く、両親の故郷デンマークへのあこがれを幼い頃から強く抱いていたといいます。オーストラリアでも放送されていたユーロビジョンを見て育った彼女は、11歳の頃から「デンマーク代表としてユーロビジョンに出場したい」という夢も描いていたのだそうです。

Anjaは早くから歌の才能を開花させていて、12歳の頃にはオーディション番組Australia's Got Talent第2シーズンに出場し、今に通じるパワフルボイスを披露していました。

AnjaCircle Of Life」ライオンキング・サウンドトラックより Australia's Got Talent第2シーズンより)

その後もオーストラリアの様々なテレビ番組に出演してきたAnjaですが、夢に大きく近づくきっかけとなったのは、2014年に放送されたオーストラリア版The Voice第3シーズンへの出場でした。

AnjaVanishing」Mariah Careyカバー The Voice Australia第3シーズンより)

ここでも持ち前のパワフルな歌声を披露した彼女は、審査員を次々と振り向かせていき、最後にはwill.i.amが足でボタンを押し、全員を振り向かせることに成功。オーディションに合格しました。
その後、最後に振り向いたwill.i.amのチームに就き、Anjaは次々とステージを登りつめ、この番組で優勝しました。

番組への出演後、彼女は番組でメンターを務めたwill.i.amらと組み、楽曲「I'm So Excited」を発表して本格的な歌手活動をはじめました。

AnjaI'm So Excited」Feat. will.i.am, Cody Wise)

オーストラリアでシングルリリースやコンピレーションアルバムへの参加など、精力的な音楽活動を行ってきた彼女ですが、幼い頃からの夢をかなえるべく、2016年にデンマークのユーロビジョン国内予選Dansk Melodi Grand Prixに出場しました。

AnjaNever Alone」 Dansk Melodi Grand Prix2016より)

評価が非常に高かった楽曲であったものの、決勝で2位という非常に惜しい結果となり、この年のデンマーク代表の座はLighthouse Xに譲ることとなってしまいました…

しかし、彼女はここで夢を諦めることなく、2017年に再度デンマークの国内予選に挑戦し、見事優勝。「デンマーク代表としてユーロビジョンに出場する」という夢を叶えることになったのです。

AnjaWhere I Am」 London Eurovision Party 2017より)


ユーロビジョン2017デンマーク代表Anjaは、現地時間5/11に開かれる準決勝2日目に出場します。


参考:ESC公式"Denmark is where it's at for Anja","About Anja"、Wikipedia"Anja Nissen"

【ESC2017】ベルギー:味のあるThe Voice Blanche


ユーロビジョン2017ベルギー代表は、Blancheの「City Lights」に決まりました。

フラマン語圏(ベルギー北部)とワロン語圏(ベルギー南部)の各放送局が一年交代で代表を選出しているベルギーですが、今年はワロン語圏の放送局RTBFの内部選考で選ばれました。2015年に「ユーロビジョンらしくない」と言われていた楽曲「Rhythm Inside」で見事決勝進出を決めたRTBFらしい選曲センスが今年も光っています。

「儚く、気だるさを感じさせる彼女の声に惚れた」と語るシンガー・ソングライターのPierre Dumoulinによって書かれたこの楽曲は、元々ユーロビジョン向けに作られた楽曲ではなかったということもあり、「ユーロビジョンらしさ」よりBlancheの声を活かした楽曲に仕上がっています。


〈Blancheのプロフィール〉

BlancheThinking Out Loud」Ed Sheeranカバー)

Blanche(Ellie Delvaux)は1999年6月に、ベルギーの首都ブリュッセルで生まれました。

彼女は2016年にベルギー・ワロン語圏で放送されたベルギー版The Voice第5シーズンのオーディションに挑戦し、アーティストとしての道を歩み始めます。

BlancheDaydreamer」Adeleカバー The Voice Belgique第5シーズンより)

序盤、緊張のせいなのかテンポが若干乱れてしまいましたが、独特の歌声で審査員を魅了し、最後の最後で2組の審査員を振り向かせ、オーディションを突破します。その後、バトルラウンドも通過し決勝ラウンドまで進んだものの、第2週で敗れてしまいます。

しかし、この番組を視聴していたベルギーのシンガー・ソングライターで、バンドRoscoeのリーダーのPierre Dumoulinの耳に止まり、二人は出会うことになりました。

RoscoeEnemies」 2012年発表 ※この楽曲にはBlancheは出演していません)

二人が出会った翌日にPierreは「City Lights」のデモを完成させます。当初は4分程度のアンビエントな楽曲だったのだそうで、歌詞も現在の英語ではなく、架空言語で歌っていたのだそうです。

プロデューサーTim Branの手によりブラッシュアップが図られ、現在の形にまとまった「City Lights」は、RTBFの内部選考でユーロビジョン2017ベルギー代表楽曲として選ばれました。
当初からユーロビジョンを念頭に置かずに楽曲制作を行っていた二人は、他の大物アーティストが代表に選ばれるのではないかと思っていたらしく、この決定を大変驚いていたのだそうです。

3月初旬に発売された「City Lights」は、ワロン語圏のチャート(2017年4月現在最高17位)のみならず、フラマン語圏のチャートにも上位にランクイン(同最高12位)しました。ワロン語圏から選出されたユーロビジョンの楽曲が、開催前にフラマン語圏のチャート上位にランクインするのは初めてのことであるとWiwbloggsで伝えています。

3/22には、昨年ブリュッセル空港で起きた爆発テロ事件の犠牲者を追悼するコンサートに、フラマン語圏を中心に活動している歌手Stan Van Samangと共演しました。

Blanche and Stan Van SamangLittle Moon Rises」 22 mars ensembleより)

近年両言語圏で独立の気運が高まっているベルギーで、「City Lights」が双方のチャートにランクインし、追悼コンサートでフラマン語圏のアーティストとの共演を果たした彼女は、双方の橋渡し役も担えるのではないかと期待してしまいます。


両言語圏でスマッシュヒットを飛ばしている「City Lights」でデビューを飾る新人アーティストBlancheは、現地時間5/9に開かれる準決勝1日目に出場します。


参考:ESC公式、Wikipedia"Blanche (singer)"、Wiwibloggs"WATCH: BLANCHE PAYS TRIBUTE TO BRUSSELS TERROR VICTIMS WITH STAN VAN SAMANG"

【ESC2017】イスラエル:実は3度目の出演!? 4代目Next Star IMRI


ユーロビジョン2017イスラエル代表はIMRIの「I Feel Alive」に決まりました。

この楽曲は、イスラエルの若手作曲家Dolev RamとPenn Hazutの二人により作られた盛り上がり必至のパーティチューンです。

2015年から全編英語詞でのエントリーが続いているイスラエルですが、この楽曲も全編英語で綴られています。一方で、メロディの一節にオリエンタルな節回しを用いたり、ブリッジにシェーナイ(チャルメラ)のようなリード楽器のソロパートを用いたりすることで、流行りのEDMサウンドの中にイスラエルらしさを残した一曲に仕上がっています。


〈IMRIのプロフィール〉
IMRI(Imri Ziv / אימרי זיו)は1991年9月にイスラエルの首都テルアビブ近郊の都市ホド ハシャロンで生まれました。

小さい頃から歌うことが好きだったという彼は、2歳の頃にQueenの「We Are the Champions」を覚え、家族の前で披露していたのだそうです。

幼い頃から「ステージで沢山の人達の前に立って歌いたい」という夢を持ち、その夢をかなえるために11歳の頃から音楽や芸術の勉強を続け、従軍中も教育青少年隊ユニットの音楽バンドで練習を重ねてきたIMRIは、20歳の頃にイスラエル版The VOICEのオーディションに挑戦しました。

(イスラエル版The VOICE(2012年)のオーディションの模様)

4人いる審査員のうち2人を振り向かせることができた彼は、次のステージに駒を進めることとなったのですが、バトルステージであえなく敗退してしまいます。

2015年、IMRIはThe VOICEで叶えることができなかった夢を思わぬ形で実現することとなります。
ユーロビジョン2015イスラエル代表Nadav Guedjのステージに、バックボーカルとして出演することになったのです。

Nadav GuedjGolden Boy」 ユーロビジョン2015決勝より)

そしてその翌年のユーロビジョン2016でも、IMRIはHovi Starのバックボーカルを務め、2年連続でユーロビジョンのステージを経験しました。

Hovi StarMade Of Stars」 ユーロビジョン2016決勝より)

歌手活動の傍ら、声優としての活動を行っていたIMRIでしたが、2年連続でイスラエル代表歌手の背中を見て歌ってきた彼は、今度はメインボーカルとしてユーロビジョンのステージに立つことを決意し、ユーロビジョン代表歌手を選出するオーディション番組「The Next Star」第4シーズンに出場しました。

(The Next Star第4シーズンのオーディションの様子)

視聴者と審査員から70%以上の支持を受けなければLEDの壁が開かず敗退してしまうというオーディションステージで、彼は93%の支持を集め見事LEDの壁を突破。その後も順調にステージをクリアし、IMRIはNadav Guedj、Hovi Starに続くNext Starの座に輝き、ユーロビジョン2017イスラエル代表に決定。小さい頃からの夢を、やっと完璧な形で掴むこととなりました。


ユーロビジョン2017イスラエル代表IMRIは、現地時間5/11に開かれる準決勝2日目に出場します。

ちなみに、ウクライナ人とのクオーターでもある彼は、ユーロビジョンに向けてウクライナ語を少し勉強しようと思っているのだとか。ステージ出演時のコメントにウクライナ語が登場するのかにも注目したいところですね。


参考:ESC公式ESCKAZ、Wikipedia"Imri Ziv","Israel in the Eurovision Song Contest 2017"
Spotifyプレイリスト
Twitter プロフィール
E.S.Cheersのツイッターアカウントです。 記事の紹介と併せて、ツイッター上で拾ったユーロビジョン最新情報のリツイート等もしています。 良かったらフォローお願いします♪
QRコード
QRコード
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
banner
  • ライブドアブログ