E.S.Cheers!! - #Eurovision 2017-

ヨーロッパで開催される年に一度の音楽祭ユーロビジョン・ソング・コンテスト(ESC)の最新情報などをお届けします。

X_Factor

【ESC2017】ブルガリア:17歳の天才シンガーKristian Kostov登場!


ユーロビジョン2017ブルガリア代表はKristian Kostovの「Beautiful Mess」に決まりました。

「美しき混沌」と名付けられたこのバラードナンバーは、争いが絶えないこの世界で「愛」という一筋の光を求め、「誰が何と言おうとも、それ以外何も望まない」と歌い上げた、平和への望みが込められた楽曲となっています。ミュージックビデオでも、旗を掲げて何処かへ突撃する群衆や、Kristianの手から羽ばたいていった一羽の鳩が印象的です。

第二次世界大戦の終結から70年が経過した今なお、世界各地で戦火が燻り続け、戦争とはほぼ無縁であった私たち日本人にもその火の粉が覆いかぶさるかもしれないという現状を厳しく批判しているようにも聞こえるこの一曲。私たちが本当に望んでいるものは何なのか、じっくりと考えさせられる楽曲なのではないでしょうか。

…と、かなりシリアスな内容の楽曲ではあるのですが、歌っている当のKristian本人はとても親しみやすいキャラクターで、ヨーロッパ各地で開催されたユーロビジョンのプレビューイベントでも、各国代表の歌手と積極的に絡むなど、愛嬌の良さが非常に話題となりました。

Manel Navarro, Robin Bengtsson and Kristian KostovDo It For Your Lover」)

楽曲の制作には、ブルガリア代表として2度出場したPoli Genovaの楽曲「Na Inat(2011年)」や「If Love Was A Crime(2016年)」、ユーロビジョン2017セルビア代表楽曲「In Too Deep」の制作に関わったBorislav Milanovや、ユーロビジョン2014優勝者Conchita Wurstのアルバム「Conchita」収録楽曲「Heroes」の制作に関わったSebastian Arman、ユーロビジョン2017セルビア代表楽曲や同年マケドニア代表楽曲「Dance Alone」の制作に関わっているJoacim Perssonなど、5人の作曲家が制作に関わっています(Borislav Milanov、Sebastian Arman、Joacim Persson、Alexander V. Blay、Alex Omar)

Conchita Wurst Heroes」 Sebastian Arman制作楽曲)


〈Kristian Kostovのプロフィール〉

Kristian KostovСлушай Дождь(雨音を聞きながら)」)
Kristian Kostov(Kristian Konstantinov Kostov / Кристиан Константинов Костов)は2000年3月にロシア連邦の首都モスクワで生まれました。

ブルガリア人の父とカザフスタン人の母の間に生まれた彼は、生まれ育った地の言葉(ロシア語)はもちろんのこと、父親からブルガリア語と英語を学び、今でも流暢にそれらの言葉を話すことができるといいます。

6歳の頃から音楽の勉強を始め、11歳の頃には様々な音楽祭に出場するようになったKristianが一躍注目を浴びることとなったのが、2014年にロシアで放送されたキッズ版The Voiceへの出場でした。

Kristian KostovIf I ain`t got you」Alicia Keysカバー Голос. Дети(The Voice Kids)第1シーズンより)

ブラインドオーディションで審査員のDima Bilanが思わず一緒に口ずさんでしまう程の実力を示した彼はオーディションに合格。Dimaのチームに就き決勝まで駒を進めましたが、惜しくも優勝を逃してしまいます。

しかし、ロシアであっと言わせる歌唱力を見せつけた彼は、2015年に父親の出身地であるブルガリアで開催されたXファクター第4シーズンに出場し、父の母国の聴衆も沸かせる実力を見せつけることとなったのです。

(ブルガリア版Xファクター オーディションより)

オーディションを見事通過したKristianは、最終ステージまで駒を進めることとなりましたが、惜しくも決勝で敗退し準優勝となってしまいました。

しかし、彼はこの番組への出演をきっかけにブルガリアのレコード会社Virginia Recordsと契約し、翌2016年にシングル「Ne si za men」でデビューを果たしました。

Kristian KostovNe si za men(英語版:You Got Me Girl)」)

そして2017年。Kristianはブルガリアの放送局BNTの内部選考により、ユーロビジョン2017ブルガリア代表に選ばれました。

Kristian KostovBeautiful Mess」ライブ盤)


ユーロビジョン2017ブルガリア代表Kristian Kostovは、現地時間5/11に開かれる準決勝2日目に出場します。
ブルガリアに再びハイスコアをもたらすことができるのか。Kristianの若き才能あふれる力に大きな期待がかかっています。


参考:ESC公式、Wikipedia"Kristian Kostov"、Wiwibloggs"BULGARIA REVEALS KRISTIAN KOSTOV’S “BEAUTIFUL MESS” LYRIC VIDEO"

【ESC2017】モンテネグロ:アドリア海のラーメンマン(?) Slavko登場


ユーロビジョン2017モンテネグロ代表は、Slavko Kalezićの「Space」に決まりました。

往年のアナログシンセ調のサウンドで始まり、ノリノリのディスコチューンが展開されるこの楽曲は、モンテネグロを拠点に活動するバンドPerperのメンバーZeko(Momčilo Zeković)が手がけています。
サビのリフレインが何度も繰り返されるため、聞き続けるうちにサビがぐるぐる頭の中を回るようになり、中毒性のある一曲に仕上がっています。

ミュージックビデオでは、鍛え上げられた上半身と共に、キン肉マンに出てくるラーメンマンのような長く編まれた髪が印象的ですが、この髪は地毛ではなくエクステなのだそうです。本番でもこのエクステヘアを披露してくれるのか、注目したいところです。


〈Slavko Kalezićのプロフィール〉
Slavko Kalezićは、1985年10月に旧ユーゴスラビアのティトーグラード(現:モンテネグロ首都ポドゴリツァ)で生まれました。

2007年にツェティニェの演劇芸術アカデミーを卒業した後、2008年からモンテネグロ国立劇場のメンバーとして舞台で活躍するようになったほか、映画やテレビ番組など多くの映像作品にも出演し、俳優としてモンテネグロでの知名度を上げていきました。

2011年にシングル「Muza」をリリースし歌手活動も始めた彼ですが、歌手Slavkoとして大きなステップとなったのは、2013年に旧ユーゴ圏で放送されたXファクター・アドリア第1シーズンへの出演でした。

Slavko KalezićEnd Of Time」ビヨンセカバー Xファクター・アドリア第1シーズンより)

ユーロビジョン2004・2012セルビア代表を務めたŽeljko Joksimovićが審査員として見守る中、彼は得意のダンスパフォーマンスを駆使して会場を盛り上げ、見事オーディションに合格。ブートキャンプ等のステージへ駒を進めることとなったのですが、決勝ステージへ残ることは出来ませんでした。
(ちなみに、優勝したのはユーロビジョン2015でマケドニア代表を務めたDaniel Kajmakoskiでした)

Xファクターへの出演でさらに知名度を上げたSlavkoは、2014年にアルバム「San o vječnosti」をリリースしました。

Slavko KalezićKrivac(犯罪者)」 アルバム「San o vječnosti」収録曲)

2017年、Slavkoはモンテネグロの放送局RTCGの内部選考により、ユーロビジョン2017モンテネグロ代表として選ばれました。

Slavko KalezićSpace」 London Eurovision Party2017より)


俳優、歌手として活躍しているSlavko Kalezićは、現地時間5/9に開かれる準決勝1日目に出場します。
本番に向けて準備を進めているという衣装にも注目したいところです。


参考:ESC公式、Wikipedia"Slavko Kalezić(セルビア語 / 日本語)"、Facebook公式ページ、Wiwibloggs"Slavko Kalezic "Space" | Montenegro 2017 (INTERVIEW)"

【ESC2017】オーストラリア:Xファクター出身 17歳新人シンガー登場


ユーロビジョン2017オーストラリア代表は、Isaiahの「Don't Come Easy」に決まりました。

何事にも代えがたい、かけがえのない「愛」を力強く歌い上げるこのパワーバラードは、ユーロビジョン2016オーストラリア代表Dami Imの「Sound Of Silence」を手掛けた音楽チームDNA Songsによって制作された楽曲です。

昨年に続きバラードナンバーで挑むオーストラリア。今年のエントリーの約半数をバラードが占める今大会でどのように差別化を図るのか、一昨年の出場から好成績を残しているだけに、ステージパフォーマンスが大いに注目される一曲です。


〈Isaiahのプロフィール〉
Isaiah(本名:Isaiah Firebrace)は1999年11月に、オーストラリアのニューサウスウェールズ州南部にある街モアマに生まれました。

自身を含め11人きょうだいという大家族の中で生まれ育った彼は、スポーツが得意な少年として成長していったのだそうです。走ることが得意であったほか、スカイダイビング等でスリルを追い求める事も大好きなのだとか。

そんな彼が歌手としてデビューするきっかけとなったのが、昨年オーストラリアのテレビ局Seven Networkで放送されたオーストラリア版Xファクター最終シーズンへの出場でした。

IsaiahHello」Adeleカバー 豪州版Xファクター最終シーズンより)

実は2015年にもこの番組のオーディションに挑戦し、見事な歌声で賞賛を浴びていたものの、その後の成績は思うように伸びず、脱落していた彼。番組も最終シーズンとあって、後がない状況でオーディションに臨んだのです。

感極まったのか、パフォーマンスを最後までこなすことができなかった事に、審査員のGuy Sebastianから注意を受けていましたが、もう一人の審査員Adam Lambertがパフォーマンスを絶賛。見事オーディションを通過することとなったのです。

その後彼はブートキャンプなどのステージも無事クリアし、オーディションでパフォーマンスを絶賛したAdam Lambert指導のもと、決勝まで登りつめました。

Isaiah & Jessica MauboyWake Me Up」Aviciiカバー)

憧れの歌手であったJessica Mauboyとの共演も果たしたIsaiahは、前回出場で果たすことができなかった最終ステージまで登りつめ、優勝。最終回で見事、有終の美を飾ったのです。

IsaiahIt's Gotta Be You」)

2016年11月、Isaiahは最終ステージで披露した楽曲「It's Gotta Be You」でメジャーデビューを果たします。この楽曲は、オーストラリアのチャートにランクイン(最高26位)するのみならず、スウェーデン(最高15位)やデンマーク(最高21位)などヨーロッパ各国のチャートにもランクインし、国を超えたスマッシュヒットを飛ばしました。

12月には「It's Gotta Be You」をはじめ、Xファクターで披露したカバーナンバー等を収録したファーストアルバム「Isaiah」をリリース。こちらも、本国でのチャートイン(最高12位)のみならず、隣国ニュージーランドでも高順位(最高5位)にチャートインしました。


Guy SebastianやJessica Mauboyなど、ユーロビジョンでも活躍した先輩方に支えられてデビューした17歳のIsaiahは、現地時間5/9に開かれる準決勝一日目に出場します。


参考:ESC公式、the guardian"X Factor winner Isaiah Firebrace to represent Australia at 2017 Eurovision song contest"、The Sun"Who is Australia’s Eurovision Song Contest 2017 entry? Isaiah Firebrace to perform Don’t Come Easy – all you need to know"、Wikipedia"Isaiah Firebrace"、Isaiah公式サイト

【ESC2017】イギリス:本家Xファクターファイナリスト登場


ユーロビジョン2017イギリス代表は、Lucie Jonesの「Never Give Up On You」に決まりました。

伸びやかで力強い歌声が印象的なこのバラードナンバーは、ユーロビジョン2013の優勝者Emmelie de Forestがプロデュースに関わった楽曲です。国内予選でのパフォーマンスからアレンジが大幅に変更され、彼女の伸びやかな歌声はそのままに、楽曲に迫力が加わり、聴き応えある一曲に仕上がりました。

よく聞いてみると、ボーカルにコーラスが加わっていないため、本番も一人で歌い上げるのではないかと予想されます。どんなライブパフォーマンスになるのか、非常に楽しみです。


〈Lucie Jonesのプロフィール〉
Lucie Jonesは1991年3月に、英国ウェールズの中心都市カーディフ郊外の街ペンティルフに生まれました。

歌手デビューのきっかけになったのが、2009年に開かれたXファクター第6シーズンへの出場でした。

Lucie JonesI Will Always Love You」Whitney Houstonカバー Xファクター第6シーズンより)

全ての審査員から「Yes」と認められた彼女は、見事オーディションに通過。決勝まで駒を進めることとなりました。

Lucie JonesMy Funny Valentine」カバー Xファクター第6シーズンより)

決勝ステージまで進んだ彼女でしたが、第5週でJedward(ユーロビジョン2011・2012アイルランド代表)と共に最下位候補に。最下位を脱する視聴者投票を行った結果、LucieはJedwardに破れてしまいました。

番組への出演後、Lucieはミュージカル俳優として、ウエスト・エンドを拠点に音楽活動を行っていくことになります。

Lucie JonesTomorrow」ミュージカル「アニー」より)

「キューティ・ブロンド(Elle Woods役)」や「レント(Maureen役)」、「ゴースト(Molly役)」など、日本でも知られている数々の演目に出演し、実力を付けていった彼女は、2017年にイギリスのユーロビジョン国内予選「You Decide」に出場しました。

Lucie JonesNever Give Up On You」 BBC「You Decide」より)

ピアノとストリングスという極めてシンプルなオケでも堂々と歌い上げた彼女は、視聴者と審査員の心をつかみ、見事優勝し、ユーロビジョン2017イギリス代表に選ばれました。


ユーロビジョン2017イギリス代表Lucie Jonesは、現地時間5/13に開かれる決勝に出場する他、5/9の準決勝一日目でもパフォーマンスが一部披露される予定です。


参考:The Sun"Who is Lucie Jones? UK Eurovision Song Contest 2017 star singing ‘Never Give Up On You’"、Radiotimes"Who is Lucie Jones? Eurovision: You Decide contestant profile"、Wikipedia"The X Factor (UK series 6)"、BBC News"Eurovision: X Factor singer Lucie Jones to represent UK"

【ESC2017】フィンランド:哀しみを優しく包み込むアンビエント・バラード


ユーロビジョン2017フィンランド代表は、Norma Johnの「Blackbird」に決まりました。

かけがえのない人と別れた哀しみを歌ったバラードソングで、Blackbird(クロウタドリ)の鳴き声が、楽しかった日々の思い出を浮かび上がらせ、そして孤独になった今を思い返させるために、「Blackbirdよ、鳴かないでくれ」と歌う一曲となっています。

失恋や、もっと重い離別を歌っているようにもとれる歌詞ですが、そんな哀しみのこもった歌声を、北欧の森のように深いアンビエントサウンドが優しく包み込みんでくれています。
そして、ブリッジ部分のピアノのアルペジオが、暗い森の中に光指す月の光のようにも、そして「鳴かないでくれ」と歌う主人公の元から羽ばたき去っていく鳥の様にも聞こえ、アンビエントな曲の雰囲気にアクセントを添えています。


〈Norma Johnのプロフィール〉
Norma Johnは2008年にフィンランドで結成されたバンドです。かつては5人組のバンド「Norma John and a Blackbone」として活動していましたが、現在は以下の2人で構成されたデュオとしての活動を行っています。
 ・Leena Tirronen(ボーカル・作詞・作曲 / 1984年生まれ)
 ・Lasse Piirainen(ピアノ・作詞・作曲)

Norma John and a BlackboneBack In The Night Game」ライブ版)

ボーカルのLeena Tirronenは、2010年に放送されたフィンランド版Xファクターに出場し、決勝ステージまで進出しましたが、結果は3位となり、脱落。以後、ソロアーティストとしての活動を開始し、その年にアルバム「Leena Ihmemaassa(不思議の国のLeena)」をリリースしました。
 
Leena TirronenOnnun」)

Sony Musicと契約し、ソロアーティストとして音楽活動を続けたものの、シングルやアルバムの売上が伸び悩み、彼女は2011年にレーベルと解約。以後、Norma Johnのメンバーとして活動を続ける傍ら、他のアーティストへ楽曲提供を行うシンガー・ソングライターとしての道を進んでいきました。
 
Norma JohnGravity」アコースティック版)

2017年。Norma Johnはフィンランドの国内予選UMK2017に出場し、見事優勝に輝き、ユーロビジョン2017フィンランド代表の座を掴みました。
 
Norma JohnBlackbird」UMK2017決勝より)


長い下積み期間を経て、UMKで見事ブレイクを果たしたデュオNorma Johnは、現地時間5/9に開かれる準決勝一日目に出場します。
彼女たちのBlackbirdがフィンランドを3年ぶりの決勝進出へと導いてくれるのか! 要注目です。


参考:Wikipedia"Norma John","Leena Tirronen"、HELSINGIN SANOMAT"Norma John on Suomen euroviisuedustaja"、YouTubeチャンネル"Norma John
Spotifyプレイリスト
Twitter プロフィール
E.S.Cheersのツイッターアカウントです。 記事の紹介と併せて、ツイッター上で拾ったユーロビジョン最新情報のリツイート等もしています。 良かったらフォローお願いします♪
QRコード
QRコード
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
banner
  • ライブドアブログ